中国の破壊力と日本人の覚悟 なぜ怖いのか、どう立ち向かうか (朝日新書)

著者 : 富坂聰
  • 朝日新聞出版 (2013年5月10日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 22人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022735058

作品紹介

【社会科学/政治】なぜこうも中国は「怖い」のか? 突き詰めると「何を考えているかわからない」からだ。拡大する軍事力、ケタ違いの環境汚染、血塗られた粛清史、ルール無視の国民性。豊富な事実を武器に、怖さの「核心」に迫る。中国の全リスクを網羅。

中国の破壊力と日本人の覚悟 なぜ怖いのか、どう立ち向かうか (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013年刊。◆著者の現代中国関係書を何冊か読破済み。被りも多く、新奇な事項はそれほど多くない。現在は張子の虎に過ぎない空母(ただし技術導入の一歩の可能性)、水資源を含む環境問題、資源外交(恫喝やなりふり構わない姿勢)、激烈な競争社会(生産者に酷すぎる競争)、韓中の激烈な漁業・不法操業問題対立、何れも然り。◆ただし、①鳩山由紀夫氏や山口那津男氏の訪中は中国国内向けのガス抜き策、②3兆円/年の黒字を生み出す中国は日本のお得意先(割と有名だが、生の数字は新奇)。③生産過剰の中国製造業による破壊的価格での輸出。
    特に、百円ショップならぬ千円ショップを出したがる中国人。主力は自転車。また、中国内でデニムは150円ほどとはやはり驚かざるを得ない。あるいは④人民解放軍が、戦前日本の統帥権独立の如き実態下にある点。これらは、ああそうだろうなぁと思い、そしてフムフム・成程と思いつつも、新奇ネタではある。

  • 天児氏の『日中対立』では、中国の外交方針である「韜光養晦」が変化していると指摘しているのを読んだばかりなのに、本書ではこの外交方針には何の変化もないと述べています。視点が違うからそのような違いが生まれるのかもしれませんが、だからといって本書が極端に中国脅威論を煽っているとは感じません。中国をいたずらに怖がったり恐れたりする前に、しっかりと中国のことを知ろう、というのが本書の基本姿勢だと感じます。

全2件中 1 - 2件を表示

中国の破壊力と日本人の覚悟 なぜ怖いのか、どう立ち向かうか (朝日新書)のその他の作品

富坂聰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
マイケル・ピルズ...
有効な右矢印 無効な右矢印

中国の破壊力と日本人の覚悟 なぜ怖いのか、どう立ち向かうか (朝日新書)はこんな本です

ツイートする