全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.89
  • (70)
  • (122)
  • (76)
  • (7)
  • (4)
  • 本棚登録 :972
  • レビュー :96
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022735256

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経済】ロングセラー『超簡単 お金の運用術』に、10月から口座開設が始まる税制優遇制度・NISAにも対応した運用術と、アベノミクスとバブルの解説を加え、内容を全面的にアップデート。初心者でも激動の市場で確実に勝てるコツが満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 決定版!

  • とても堅実な内容でためになる良書。
    老人が握っている貯蓄を、市場(ただし国債に限る)に引っ張り出すのにいい本なんじゃないでしょうか。

  • 非常に明確。正しさのみを根拠に世のほとんどをバサバサ切り捨てており、気持ち良いほど。ここまで本法論に具体的に踏み込んだものはなかったし、かなり信頼できる。勝つ者はいつも情報に近い者。マネー誌は広告料で成り立っているのでそこで紹介される金融商品のほとんどに優劣はないといったところなどは、世の中の全てには方向があり作為があるという当たり前の事実を再認識する。

  • これまでのマネー運用本の99%は不要になる。世の中の運用商品の99%が購入の検討にすら値しない損な商品
    老親に渡しておくと安心なお金の取扱説明書
    証券コード1306 SMTグローバル株式インデックスオープン
    個人向け国債→銀行は儲からない。
    ネット証券のMRF
    銀行の店頭の商品→手数料が高い。
    自分の買値にこだわるな。
    節約と貯蓄は習慣が大事→金持ちの友人でも余裕のない生活をしている場合がある。
    生命保険に極力入らない。→高額療養費制度をネットで調べるべき
    お金の運用は自分で学ぶ→プロは教えない。
    二本の投資信託で内外の運用
    外貨預金,外国債券→良い商品はない。世界最大のカジノ
    アクティブファンド=大人の理解,遊びとして行うべき。
    人的資本→生涯所得は2億円以上

    NISA→最大限利用すべき。
    確定拠出年金

    日本の低成長→株価はすでに織り込み済み→株高もあり得る。
    バブルのストーリー→借金をしても投資したい対象のストーリーや仕組みの登場に注意
    長期金利に注目
    貨幣錯視→物価上昇を無視して収入増→儲かった気分
    将来に対する不安を喚起して商売→霊感の壺,財政赤字で国家破綻の嘘
    毎月分配金→時間不整合,行動ファイナンスを応用した商品
    自分の買値にこだわらない。絶対にこだわらない。
    お金と幸せを混同するな。
    外貨預金→手数料高い。ゼロサムゲーム。一番ダメな金融商品
    不動産を買うことで失う自由度
    保険の相談窓口に注意→保険会社から手数料で成り立っているだけ。
    退職後に備えることも投資→40代半ばから副業→退職後の助走
    アドバイザー→相談料を払うべき。
    株価,為替レート,長期金利を毎日見る癖を付ける。
    PERを理解する。→利益に対して株価が割安なのか?
    四季報を過去のものと比較する。
    プロの世界ではテクニカル分析は相手にされていない。
    ギャンブルしない人間はつまらない→競馬,パチンコ,宝くじ

  • タイトルに全くの偽りがなく、超簡単。

    P.16-17の2ページだけを読めば、
    理由はわからないのだが、
    運用する術を学ぶことができる。

    とは言え、2ページ読んですぐ実行できるのであれば、
    読む必要も買う必要もない。
    当然いろんな疑念が沸くと思うが、
    それぞれ丁寧に回答してくれている。

    (以下抜粋。○:完全抜粋、●:簡略抜粋)
    ●超簡単 お金の運用法(P.16-17)
     ①生活費三カ月分程度を普通預金に置く。
     ②残ったお金をリスク運用、無リスク運用に回す。
     ③リスク運用は「TOPIX連動型上場投資信託」と
      「SMTグローバル株式インデックスオープン」に、半々に投資する。
     ④無リスク運用は個人向け国債、またはMRFで運用。
     以下⑤、⑥は略。

    ●「躊躇なく」解約して、お金の必要性に対応することだ。
     (中略)
     現時点で売買可能な価格が投資の判断の前提なのであって、
     自分の過去の買値は判断に関係させない方が正しいのだが、
     これができない人が多いのが現実だ。(P.36-37)

    ○売却によって確定したたまたまの結果を「残念に思う」のは仕方がないが、
     「後悔する」のは無意味だ。
     なぜなら、過去に自分が持っていた情報と判断力では、
     これを改善することができなかったからだ。(P.38)

    ○株式投資に長期的かつ平均的に期待できる利回りは、
     学者や実務家の多数の意見を採るとするなら、
     金利プラス5~6%くらいだ。(P.51)

    ○ローンを返すということは「確実に得な、逃すことのできないチャンス」(P.171)

    ○プロの不動産屋が長く持とうとしない物件を豪華なチラシを作って、
     営業マンを大勢動員してセールスして売るわけだから、
     かなり大きな中抜きがあると疑ってみた方がいい。(P.177)

    ○世界の先進国の中でも、日本は、生命保険に掛けるお金が突出して多い。
     しかい、民間の保険会社が提供する生命保険商品のほとんどは、
     加入しない方がいい代物だ。
     生命保険は不要だ、とまずは考えよう。老若に関係ない。(P.180)

  • だめなものをだめといいきっているのはよかった。可能な限り論点を単純化してかいているのでわかりやすい。

  • これまでのお金の運用は、銀行中心の誤った方法であることがわかった。

  •  お金の運用について、それほど時間も労力もかけたくない一般的な個人に向けて、厳密に言ってベストではないが、そこそこベターな投資先を限定して紹介している。まず結論が最初にあり、その後にその根拠が示されている解り易い構成。ニーサやお金の基礎知識についての解説もある。
     ドルコスト平均法のような時間を分散した投資方法を否定されているが、その根拠が示されていないのが残念だった。もう少しきちんとした理由を知りたかった。

  • * 読了日20180224
    * 入手日20131101
    * 帯の情報
    * > 投資も貯蓄もこの1冊でOK
    * > ロングセラーお金のバイブルを全面改訂
    * > NISA対応も万全!

  • 運用商品名から保有割合までスパッと言い切っている。NISA、確定拠出年金、お金のあれこれについてもわかりやすく興味深い。

全96件中 1 - 10件を表示

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)のその他の作品

山崎元の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)はこんな本です

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする