歴史の読み解き方 江戸期日本の危機管理に学ぶ (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.85
  • (8)
  • (19)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :169
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022735348

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経済】司馬遼太郎の歴史文学の神髄に迫る「司馬文学を解剖する」、幕末各藩の藩士教育を比較検討し、危機管理の必要性を説く「幕末薩摩の『郷中教育』に学ぶ」、「歴史に学ぶ地震と津波」では大災害にいかに備えるかを論じる珠玉の歴史評論集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非常に面白い本でした。「歴史に興味のある方」も「ない方」も一読をお勧めします。
    構成は以下の通りです。
    1.江戸時代の武士の生活
    2.甲賀忍者
    3.江戸の治安文化
    4.長州という熱源
    5.薩摩の郷中教育
    6.歴史に学ぶ地震と津波
    7.司馬文学を解剖する

    この中から興味を惹いたものを一部紹介します。

    1.「江戸時代の武士の生活」から
    兵農一体の中世の武士団が、織田信長に始まる兵農分離の武士団に生れかわり、その形態は江戸幕府に引き継がれていった。これは、学校の教科書にも書いてある?ので、周知の事だと思います。その後、鎖国という特殊環境の下で江戸時代の戦術は火縄銃の密集隊形の重兵戦術で留まっていた。

    幕末になって危機に追い込まれた長州は新式のライフル銃を元に重兵戦術から散兵戦術へと移行する。この重兵と散兵が戦場でぶつかったら一方的な虐殺が起きる。長州の指揮を執っていた大村益次郎は、幕府と戦う前から勝利を確信していたというのは凄い。
    幕末~明治の一連の戊辰戦争で、幕府側が何故あのように簡単に破れたかの理由の一端が分かりました。

    また、幕府や藩は行政機関に見えるが、軍隊組織だと著者は指摘する。
    武士というのは何か特殊な価値観や美学を持ったイメージがあり、「軍事政権」という言葉には馴染まない感じがしていたが、言われてみればその通りというしかない。
    私の関心は、昭和の戦争に突入していったのは、このDNAが引き継がれていたからだろうか? 

    その武士には「侍・徒(かち)・足軽」という3つの身分があり、この中のうち、うすい徒士層の出身者が、幕末から明治の日本の近代化に大きな役割を果たした。
    西郷・大久保・伊藤博文・山形有朋・福沢諭吉など10石~50石程度の下級武士つまり徒士出身。家柄が良いとされた高杉晋作でも150石程度。
    また、日露戦争の将軍と言われる、乃木希典・児玉源太郎・大山巌らも精々50石ほどの徒士出身。
    明治人は偉かったと言われるが、このほとんどが士族でしかも徒士。士族文化・徒士文化で育った特殊な人たちで、一般の日本人ではないという。
    そういう意味では、我々は明治維新をどう評価すればよいのだろう?
    これは特殊な集団がなした革命で、こういうことは千載一隅で、奇跡としか言えないということなのか? 著者にそこをきっちり言って欲しい気がする。

    6.「歴史に学ぶ地震と津波」から
    「3・11」の時に地震に揺られながら「歴史学はこれまで地震や津波の研究をあまりしてこなかったから、自分がやらなけれがいけない」と思ったという思いから、南海トラフの被害の痕跡が深い浜松の大学(静岡文化芸術大学)の公募があったので、そちらへ移ったというほど、責任感と好奇心の強い人柄が滲みでる。
    事実過去の南海トラフによる津波は特大クラスになると、浜松では15m、伊豆下田では30mになるという凄まじいものだそうです。

    7.「司馬文学を解剖する」から
    歴史を扱った小説を分類すると、歴史小説と時代小説。そして歴史小説の一分野に史伝小説という分類をしている。古くは森鴎外が書き、新しくは司馬遼太郎の「坂の上の雲」などが、これに近いという。
    本著では、司馬作品の「関ヶ原」を取り上げ、その元資料の一つとして、徳川家康が、関ヶ原当日の合戦に赴く場面を書いた(家康の主治医であった)板坂卜斎の「慶長年中板坂卜斎覚書」との比較で、史実と違う点や司馬遼太郎が文学的に膨らませている点を指摘しているのは面白い。ただ著者は歴史学者であるため、やはり史実に厳格な史伝小説を求めている。
    そして司馬遼太郎を越える史伝小説を書く作家が出てくることを求めているが、これはないものねだりのようにも思うのだが・・・

  • 雨にも負けず、
    風にも負けず、
    夏や冬などものともせず、
    地震にも負けず、
    噴火にも負けず、
    津波にも負けず、
    不屈の心を持ち、
    歴史に学ぶ。
    そういう人に、わたしはなりたい。

    それが日本に生きる上での、必要な覚悟でもあるだろう。
    というのも、あまりに自然災害の多い国なのだ、我々の住むこの日本は。

    そして、古文書ハンターの磯田氏は、今日も行く。

    西に地震の記録があると聞けば、新幹線で行って読みふけり、
    南に津波の記録があると聞けば、家族で転居して住み調べ、
    よく見聞きしてわかり、決して忘れず。

    そんな、磯田氏の熱い思いが行間からあふれ出る。


    「歴史」の授業は大好きで、日本史も世界史も、楽しく聞いていた。年号は覚えられなかったけれど、物語のようで、わくわくした。
    しかし、その歴史を紐解く自分は、いつも、現代の思想や価値判断から離れられずにいた。「無知」であることは想像できても、価値基準の相違はぴんと来ない。

    しかし、その当時の人々の価値観や倫理観が政治を作り、制度になり、人々の生活を作るという循環によっているため、無縁ではないし、世界は螺旋に進むので、元に戻るわけでもない。
    そして、時に、大きなパラダイムシフトが起こる。そのいくつかが江戸期にあったことは、最近の研究成果で証明され、人口に膾炙されてきている。


    近世の社会が、武家政権であったことは、今の雇用問題につながっているという指摘から入る。
    中世の武士集団は、横のつながりであり、兵農分離はされず、また、流動性も高い社会で、忠誠を誓うというのとは遠い社会だったものが、濃尾平野に生まれた集権的な武士団、家中に住み、主君絶対の武士団が形成されると、それが一気に力をつけ、政権を取る。
    その中で生まれた、忠誠と永代雇用という主従関係が生まれたとある。

    現在の終身雇用が崩れ出したことが話題になっている社会の基礎には、まさに、永代雇用というさらに大きな保証が背景になっていたことを考えると、確かに、容易には変え得ない感覚である。


    最近、忍者研究にも力を入れているようで、初めて知ったのが、甲賀忍者の活躍だ。
    「忍者ハットリくん」世代からすれば、伊賀忍者は善玉、甲賀忍者は悪玉という基礎感覚が植え付けられてしまっているが、どうも、徳川家に徴用されていたのは甲賀ものだったらしい、というのは「銀魂」で知ったよ、という若者がいてびっくりした。うーん、世代交代。


    このような、江戸初の現在の日本人の基礎感覚になっているようなもの、治安文化や教育観などを紹介されている。
    また、いちばんの憂慮は、自然災害大国日本の災害記録の掘り起こしの不十分さである。実際、南海トラフの研究のためにも、浜松に家族と移り住んでいるから、熱心さに頭が下がる。

    そして、結びは、司馬文学と歴史だ。
    史伝文学といった、一次資料に当たりながら、エンターテーメント性も兼ねそなえた文学によって、司馬文学を一里塚としながらも、さららに先へ進んだ史伝文学を世に出していくことこそが使命という。

    わたしに文才があれば、磯田氏に弟子入りして、史伝文学を書くのになあ、なんて思いながら、古文書解読ができる基礎学力すら足りないよ、とため息しか出ない。

    • カンキンさん
      最近読んだ動物行動学の本では、「美」を定義するうえで、人々にとって、安定的、規則的、すなわち、生存にとって何等か肯定的なものとして定義していました。ま、スポーツ選手等、有名人の「品格」についての
      「ダンディズム」を「男の美学」「粋な美意識」というように考えると、少なくとも、「美」という、他者に資するものがなくてはなりません。
      ただ、「逆行する」「反逆する」というようなものでは、「ダンディズム」とはいえないという気がします。

      ただ、様々な犯罪を、一つの自己表現とみることはできると思います。

      その違いは、「自己表現の場」を求めつつも、「己の自己満足」に過ぎないものではなく、それが、何の足しになるかはともかく、「百姓のため」という大義名分があることによります。
      また、そうでなければ、世界に認められる映画とはなりえなかったでしょう。(7人の悶々とした男の歪んだ自己実現としての評価で世界に受け入れられたというのなら別ですが)

      7人の侍が独身者である一方、シャーンドルさんは既婚者ですよね。それは、どこかで一つの自己実現を達成している、だから、犯罪に手を染め、何等か評価を得ようと躍起にはなりません。そこは、一歩の差だとしても、大きな断絶があるのです。
      2018/05/08
    • シャーンドルさん
      それはそのとおりですね。むろん侍たちは百姓を救うことに相応の意味を見出しているわけで、己の立身出世しか頭にない世間一般の侍たちと対比されることで、彼らは明らかにヒーローとして描かれていますから。ただ、それを単に侍たちの人間的な優しさとして描かなかったところに、この脚本が優れている所以があったことになります。

      ただ、ワイルドやボードレールのように、生ではなく死を強調し、安定ではなく不安定、規則ではなく不規則を宗としたダンディもいましたから、必ずしもそうとはいえない気もします。「醜」が「美」に転ずることもあるわけでしょうから。

      2018/05/08
    • カンキンさん
      うーん。
      それは美の範囲を広げ過ぎているような。
      まあ、便器を提示して「泉」とやるくらいだし、芸術や美意識とは規定しづらいものですが。

      でも、「美」とするからには、やはり、自己満足とは明確に切れると思います。
      2018/05/09
  • 超面白い。特に、薩摩藩の郷中教育と、司馬遼太郎の作品を分析する項。
    前者では教育ってもっと地域ごとに個性があってよいと思った。
    後者は日ごろ歴史文学を読む中でうすうす感じていたことを的確に表現してくれていて、にやにやしながら読んだ。
    「いわゆる歴史文学には時代小説、歴史小説、史伝文学の3つがある。史伝文学は歴史小説よりもさらに歴史に史実に即した歴史文学で、時代小説のような荒唐無稽な創作を排し、古文書などの史料にもとづいて、実在の人物を登場させ、歴史小説より精密に実際の歴史場面を復元してみせる。まさに「事実は小説より奇なり」の文学であり、創作による架空を楽しむというよりも、歴史の中の事実発見や分析の妙を味わうことに、その主眼をおいています」

    そう!そんな史伝文学が読みたいんです。楽しみにしています。
    しかしそんな磯田氏をしてもって、「例外」と言わしめる吉村昭氏の圧倒的な筆力。でも確かに大衆的じゃないんだよな。

    ちなみに甲賀忍術書の情報を取るコツは、そのまま記者が情報をとるコツと同じでした。

    メモも大量になってしまった。
    【江戸の武士の生活から考える】
    ・濃尾平野では兵農分離が自然的・経済的条件からすすみやすかった
    ・京都周辺ですが、延暦寺や東大寺だの中世の権化のような勢力が残っています。…武士たちは主君にタテ型の忠誠を尽くすというより、ヨコ型に地元で地域連合・宗教連合をつくっていました。
    ・結局中世的な武士の集団は寄せ集めでした。少数精鋭で、石のように固まって密集している江戸時代的な武士の集団にはかないません。
    ・徳川家康の時代には、日本最強の要素であった世襲武士の密集隊形が、時代が進み武器がかわると、最大の弱点になった。
    ・日露戦争の将軍はほとんどが禄高50石くらいの徒士出身です

    【甲賀忍者の真実】
    ・明治前期までの日本では、識字率は京都周辺と、東海・瀬戸内が非常に高く、東日本や東北、南九州は低かった
    ・平常から、諸国に手づるをこしらえておいて、通達・交渉を自由にしておくことが肝要なり…なんでも芸を身につけなさいというのです。
    ・人を知るための「四知の伝」:「望・聞・問・切」

    【江戸の治安文化】
    ・殺人や盗みをすれば、かならずお上のお仕置きをうけるという観念が民衆の通念となるのは、思いの外最近のことで、江戸時代になってからのこと
    ・銃の徹底管理  占領軍が日本の家庭から「刀狩り」を行った成果
    ・1700前後に、犯人の処刑は、公の裁判、つまり「公裁」にゆだねる治安文化ができあがってきた
    ・江戸時代の奉行所・代官所が、税務署と代用監獄ほどの役割しか担っていなかった
    ・この上意下達の構造がしっかりしていて、それがヨーロッパ人には驚きでした。
    ・中世以前の日本人はけっしてこのようにおとなしいものではありませんでした。この国には江戸時代になって、人を殺さない文化が根付きました。

    【長州という熱源】
    ・こんな「不公平税制」を数百年やっていれば、商業が発達します。
    ・いまのところ、私は、幕末の日本の識字率は全国平均で男6割、女3割程度ではなかったかと考えています。
    ・(借金だらけで)つまり、江戸時代のおわりには、武士の経済の決定的崩壊が起きていたのです。
    ・ここに至って武士ははたと気付きました。もうだめだ、別の軍事体制にしないといけない。武士が個々別々に自弁で兵士や武器を調達して、下から集まって軍団を編成して出陣していく戦国型の軍団ではもうだめだという新しい意識が芽生えてきます。
    ・長州藩の御前会議:みなで数時間議論→家老が意見集約して決定→藩主「そうせい!」藩主の権威付けのもと、断固たる決定ができた。決定から実行までのスピードが早い。

    【幕末薩摩の「郷中教育」に学ぶ】
    ・「正確な歴史は、未来に対する予見となる」という言葉は、私自身が、いちばん忌み嫌っているもので、そんなことを言うつもりはありません。
    ・柳田国男が求めた判断力の教育。
    ・歴史・政治倫理の知識や人事・教育能力が徳目の上位とされ、法律知識などの実務能力は下位におかれています。
    ・会津藩は身分格式がきっちりしており、日常生活が碁盤の目のように定められ、外見で身分をあからさまに示す藩風のなかで、徹底した秀才教育を行った……理由を主体的に考える文化が育ちにくくなる。一言でいえば、人間の思考を形式化してしまいます。
    ・学校でもって人材を国家が吸い取り、官僚に養成して、富国強兵をなしとげるも捏は、まず熊本藩がつくり、佐賀藩や会津藩がそれをまねしました。…「学校官僚制国家」の萌芽といってよいものが日本でも1750年くらいから発達…決まったモデルがあって国家建設を推進する場合に、実務完了を育成するのには非常に都合がいい。(→大隈重信の怒り)
    。とにかく主家だけが絶対で、ひたすらそれに忠を尽くすことを至上価値とする教育を徹底していました。
    ・薩摩藩では普通の藩と違って、「禄券売買」が認められていました。
    ・きわめて実践的だった……「忠孝の道に大形なし」…耳から入ってくる生活的な道徳教育でした。目から教科書で教え込まれる藩校の朱子学の道徳教育とは違っていました。…明治維新は薩摩の甲突川のかたわらに彼らのグループがなし遂げた
    ・西郷たちの郷中教育は、本を読む時間は短いのです。読んだ後で、考える、問答する、そのための時間が非常に長く取られている。
    ・薩摩人は「もしこうなったら」と考える反実仮想力が高く、あらかじめ手を打つから、想定外のことが起きて、あわてることが少なかったのです。事実、幕末の薩摩はずるいといわれるほど政局判断に誤りがありませんでした。うまく渡り合って、幕府にとどめを刺した。その間、長州藩は無謀な戦いを何度も仕掛けて敗れ、会津はひたすら大義名分を訴えて敗者となり、朝敵の汚名を着せられました。長州も会津もリアリストたる薩摩藩にやられました。この背景に、薩摩武士のリアリズムにあふれた育ちというものが、おそらく関係しているに違いありません。

    【司馬文学を解剖する】
    ・徳富蘇峰「近世日本国民史」
    ・司馬さんの敷いた歴史知識の高速道路の上を国民が猛烈に走り、前の世代とは比べものにならないほど、歴史知識の大衆化が達成されました。その意味で司馬遼太郎さんはやはり偉大であったといえるでしょう。しかし、その偉業の幾分かは基礎工事をした徳富蘇峰(「近世日本国民史」著)の功績であったことを忘れてはならないのです。
    ・いまの国民一般の歴史に関する文学の消費のあり方はお世辞にも健全なものとは言えないと思います。情緒に基づいて、歴史の中に司馬さんの描くようなヒーローを求め、歴史文学への陶酔に甘んじているかもしれません。
    ・読む者の心のなかに、司馬さんの叙述を史実として信じてよいのか、信じられないのか、という疑問をつねに引き起こしています。「司馬の悲劇」がおきていることになります。
    ・なるべく創作部分は減らして、その場面を史料に基づいてきちんと描くような、歴史小説を超えた史伝文学ができないか、と私は考えています。
    ・これから日本史を書いていこうということになれば、東京大学史料編纂所や国会の県政資料室や防衛省に残っておりような筆書きの史料、あるいは万年筆で走り書きしたような故人のメモまで取り集めて、歴史像をつくっていかないといけない。
    ・ただ吉村昭さんだけは例外です。史料調査が緻密で事実を正しく記録する点では超絶しています。しかし、司馬作品ほどの読みやすさや大衆性をそなえてはいません。

  • この本も内容が濃い! 

    江戸の武士団と戦国の武士の考え方から江戸の武士団と奇兵隊の戦術の違いに始まり、忍者の定義や甲賀忍者と伊賀忍者の違い。 
    江戸の治安がどのようにして守られ、現代日本にどのように反映されているのか。
    薩摩の郷中教育とはなにかを会津藩等との比較で明らかにし、歴史から震災を学び、さらには司馬遼太郎の文学と資料としたと思われる古文書から歴史文学に今何が必要かを語る等々。

    これらの大半を古文書を一次資料とし面白くて判り易く解説してくれている。 ちょいちょい著者の他の本でも読んだ内容が含まれてはいるが、そこはその章の流れからして仕方ないので、あっ前にもこれ読んだな程度で流せばよし。

    ますます著者の他の作品も読みたくなった。

  • 「武士の家計簿」の著者による、いくつかの雑誌向けの短編をまとめたもの。
    テーマは、以下のような感じでまとまりなく見えるが、副題は「江戸期日本の危機管理に学ぶ」となっている。そういうことだったのか。
    ①江戸の武士生活から考える
    ②甲賀忍者の真実
    ③江戸の治安文化
    ④長州という熱源
    ⑤幕末薩摩の「豪中教育」に学ぶ
    ⑥歴史に学ぶ地震と津波
    ⑦司馬文学を解剖する

    著者の考察がどこまで深いものか自分では評価できず、一部「本当か?」という記載もあるものの、全体としては面白かった。
    ・明治維新は、地主(庄屋)たちの議会進出ともいえる
    ・兵農分離が進んでいないと遠征には限界がある
    ・幕末のイギリス外交官「日本の藩の意思決定は誰がやっているのかわからない」。長州では、きちんと殿様が評議の場にも参加し、「そうせい」と一言発することで実効性を持たせた
    ・プロテスト=教会を通すことなく、自分で聖書を読んで神と自分との間に1対1の関係を作り出す ⇒ 識字率が高くなる
    ・徳川家康=しっかりと準備をする。いざ戦いが始まると、狂う。「準備は慎重に、実行は大胆に、これに尽きる」
    ・徳川家康「人間の本心を見たいなら、言葉よりも行動を見よ」
    ・年貢は近代的な意味での「税」とは違う。住民へのサービス提供が当然とは考えられていなかった ⇒ 公的部門の機能が小さい ⇒ 小さい争いは公に持ち込まず私的に解決
    ・年貢を取り続け、商工業への課税は限定的という「不公平税制」は、商工業の発展を促した
    ・薩摩の教育「小さいことでもいい、とにかく考えさせる。事が起きる前に、事態を想定して考えておく」。会津は詰込み型

  • 「長州という熱源」で出てくるコメ以外の生産活動の記録があることで、当時の経済状況がしっかり把握できるという話は非常に面白かった.各地で様々な商工業活動が江戸時代に税法上優遇されていたことが、明治以降の工業的な発展の基礎になったという視点は重要だと思う.「郷中教育」に代表されるように各藩ごとに独自の方針で教育を行ってきたことが、多様な地方文化の源だと感じており、文科省が一律的な教育を思考するのは間違えだと思っている.

  • むぅ…おもしろい!
    一番好きなのは会津などの学習方法と薩摩の学習方法の対比ですね。
    どっちが良いとかではなく、江戸時代の学習方法が藩によって全然違うということ!
    現代は情報社会で、それこそ自分に合った学習方法を選べる時代なんだから、恵まれてるよねぇ…
    なんて思っちゃったよ。。。

    …情報過多だけどね…。。。

  • (欲しい!/新書)

  • 各章のテーマが具体的で解りやすい。「歴史に学ぶ地震と津波」の章は考えさせられた。大阪人も津波に用心。地震予知はぜひ古文書から。

  • 請求記号:210.5/Iso
    資料ID:50073456
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全19件中 1 - 10件を表示

磯田道史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

歴史の読み解き方 江戸期日本の危機管理に学ぶ (朝日新書)はこんな本です

歴史の読み解き方 江戸期日本の危機管理に学ぶ (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする