日本哲学のチカラ 古事記から村上春樹まで (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.50
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022735362

作品紹介・あらすじ

【哲学/哲学】神話も仏教も儒教も、武士道も国学も日本哲学!西田幾多郎の京都学派はもちろん、吉本隆明や東浩紀までも網羅し、日本思想の遺伝子的深層を、大胆に読み解く最新の入門書。3.11後のグローバル社会をよりよく生きる哲学的提言も。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 和の弁証法×お互い様、が日本のアイデンティティーに成りうる!!

  • チカラは感じられなかった。サラッと読めるが。和の弁証法という道具は面白そうだったが、活かしきれていない感あり。

    ・キリスト教的寛容は相手への不干渉。仏教的寛容は生命の平等性に根ざした共生。
    ・安藤昌益
    ・自分との戦い、ライバルは自分、は日本的
    ・ポストモダンは小さな物語の追求
    ・お互い様

  • 前半から中盤までは、神道、仏教伝来、儒教、キリスト教徒の関わりといった日本の歴史における古来思想と外来思想の融合の歴史が紹介される。ひとつひとつの事項に割かれるページは短く、教科書を読んでいる感じで少々退屈でもあった。

    本書の肝は終盤、現代の思想についてのくだりだろう。戦後の民主主義をあたりまえのものとして育ち、高度成長も知らない世代にとって、社会がどうあるべきかよりも、個人の生活をどうするかという個人の物語の探索が思想における重要ポイントであった。しかし、失われた20年や震災を経て、いままた日本人は、日本社会はどうあるべきかを考え始めている。この流れを語る個所は本書の中でも生き生きとしており、読者としても同時代に生きるものとして共感をもって読むことができた。

  • 請求記号:121.02/Oga
    資料ID:50073543
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

山口県大学准教授

「2018年 『世界のエリートが学んでいる教養としての哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本哲学のチカラ 古事記から村上春樹まで (朝日新書)のその他の作品

小川仁志の作品

日本哲学のチカラ 古事記から村上春樹まで (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする