金哲彦のはじめてのランニング 運動ゼロからレース出場まで (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版 (2014年2月13日発売)
3.75
  • (5)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022735492

作品紹介・あらすじ

【芸術/スポーツ】走ることの魅力は何か? そして「どう」走り始めればいいのか? 市民ランナー指導の草分けである著者がモチベーションアップから実践的ノウハウまでを、これまでの指導経験をもとにポイントを絞りわかりやすく綴った、決定版ランニング入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 走ることにはそれぞれの人の楽しみや目標がある。自分も自分なりに走り続けようと思えた。

  • 副題「運動ゼロからレース出場まで」通り。何せ「動きやすい服装に着替えて戸外へ出る」から始まって、高尾山の15キロ5時間「トレラン」紹介まで網羅。
    主催する「ニッポンランナーズ」の話からうつ病克服、果ては「ワールドマラソンメジャーズ」。いやあ、走るって本当に楽しいですよねー。

  • ランニングのオーソドックスな知識を得るには最適です

  • ○元プロのランナーで、現在は、市民ランナーの支援を行うNPO法人代表の金氏の作品。
    ○ランニングをはじめる上での注意点を、自身の市民ランナーのサポート経験を踏まえ、分かりやすく紹介したもの。
    ○内容が分かりやすく、初心者でも取り組みやすいと感じた。また、著者のランニングに対する考え方や経歴なども興味深い。

  • 初心者向けに書かれています。
    フォームについての説明図はないものの良く書かれています。
    半分弱はエッセイ。

    自分の身体の状態によって歩くことから始め、慣れてきたら走り出す。
    あると便利なグッズについて書かれています。

  • 仕事がきっかけで興味を持ったランニングについて初めて読んだ本ですが、前半で無性に走ってみたくなり、読み進むと、そのただ単に走ればいいわけじゃない奥深さもわかり、初心者の僕にピッタリの内容です。新書らしい新書です。

  • ランニング関係の本は、今まで読んだことがなく、比較のしようがないのですが、この方の本は、読んでいて、走ってみたいと感じさせてくれる本でした。

    走る前のウォーキングやフォームの大切さに始まり、走る時はもちろん、フルマラソンを目指す際のスケジュールの立て方、ラン友の必要性と言った楽しく続けられるコツみたいなものに言及してます。

    走ることがうつ病にも効果的なのは、凄いことですね。とりあえず読み終わったので、実践してみます。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

監修 金 哲彦(きん てつひこ)  1964年、福岡県生まれ。プロ・ランニングコーチ。早稲田大学時代は、箱根駅伝で活躍。4年連続で山登りの5区を担当し、区間賞を2度獲得し、1984年、85年の2連覇に貢献。大学卒業後、リクルートに入社。87年別府大分毎日マラソンで3位入賞。現役引退後はリクルートランニングクラブで小出義雄監督とともにコーチとして有森裕子、高橋尚子などトップランナーの強化に関わり、その後同クラブの監督に就任。現在はプロ・ランニングコーチとしてオリンピック選手から市民ランナーまで、幅広い層の信頼を集める。テレビやラジオでマラソン・駅伝・陸上競技中継の解説者としてもおなじみ。著書多数。

「2020年 『100歳ランナーの物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金哲彦の作品

ツイートする
×