アンチエイジング・バトル 最終決着 (朝日新書)

著者 : 坪田一男
  • 朝日新聞出版 (2014年3月13日発売)
3.50
  • (2)
  • (6)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :48
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022735539

作品紹介

【自然科学/医学】「食事は1日1回vs1日3回」「運動は食前が良いvs食後が良い」など、アンチエイジングに関する健康ネタを取り上げ、錯綜する情報を整理する。日本抗加齢医学会理事長が、それぞれの分野の専門医が示す最新の研究成果を挙げて説明。

アンチエイジング・バトル 最終決着 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろいろ言われてるアンチエイジングだが、どれも一長一短あるって事だと思う。いつまでも若くいたいが。。。

  • 坪田慶応医学部先生のエッセンスがつかめる

  • フルーツは皮ごと種ごと食べる

    運動は、空腹時に。そのほうが脂肪燃焼の回路が育つ。

    65歳以降は小太りに。

  • アンチエイジングに関しては色々な説があり、迷います。この本は最新の研究成果と専門家の知識を織り交ぜながら著者の意見や体験も記されているのでとても参考になりました。
    お腹が鳴ると若返りのホルモンであるグレリンが活性化するという説は初めて知りました。見た目のアンチエイジングで体も若返るのでボトックスやレーザー治療にも肯定的というところはなんとなく納得できます。その他色々面白い健康法が紹介されていたので自分にあった無理のないアンチエイジング健康法を取り入れていきたいと思いました。

  • アンチエイジングのいろんな説を読み込みたいなら楽しいけど、結論をすぐに知りたい場合はイライラしてしまう。

    結局結論をすぐ読むことに切り替えてしまった。そして牛乳とほうれん草は良さそうだ、中高年まではあまり太らず、65を過ぎたら小太りで、ということだけはわかった。

全6件中 1 - 6件を表示

アンチエイジング・バトル 最終決着 (朝日新書)のその他の作品

坪田一男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

アンチエイジング・バトル 最終決着 (朝日新書)はこんな本です

ツイートする