人生を正しく享受するために 〈新〉人生論ノート (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022735669

作品紹介・あらすじ

【哲学心理学宗教/哲学】私たちの人生は細々とした無数の選択と排除からなっている──。文学や哲学に精通するサルトル研究の第一人者が、幅広い分野の名作から「いい言葉」を取り上げ、人生について考える。テーマは、選択、孤独、好奇心、恋愛、嫉妬、演技、快楽、裏切りなど約20題。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【選択】何かを選ぶということは、他のものを選ばぬということ、他のものを捨てるということだ。ひとりの女を選ぶということは他の女を捨てること。一つの表現を選ぶということは他の表現を排除すること。人生は無数の選択と排除からなっている。何を食べ、何をするか。我選ぶ、故に我あり。我々の人生観、世界観は選択の根拠の総体である。【記憶】〈私〉とは私の記憶だ。生きるとは、記憶を積み重ねることである。しかし歳をとると記憶はすり減る。そしていつか消える。

  • 途中まで。
    典型的な新書で、構成がわかりやすく読みやすい。

  • 希望とは未来だ、常に未来に向かう。幸福とは現在か、さもなければ未来の約束だ。希望はどこまでも未来に伸びていく、限度を知らない。希望はつぎつぎと希望を呼び、際限なく歩き続ける。
    人はすり減りながらも生きていく。
    記憶とは人間の倫理の根幹をなす。記憶を失ったものに倫理は存在しない。倫理を追求された政治家の常套句は、記憶にございません。
    自分の人生を過去形でしか語れないとき、人は孤独。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1934年東京に生まれる。東京大学文学部仏文科卒業。同大学院(仏語・仏文学)博士課程修了。著書『フランツ・ファノン』(講談社1981、みすず書房2006)『戦後思想の模索』(みすず書房1981)『雑種文化のアイデンティティ』(みすず書房1986)『シングル・ライフ』(中央公論社1986)『記憶よ、語れ』(筑摩書房1995)『〈戦後〉が若かった頃』(岩波書店2002)『かくも激しき希望の歳月』(岩波書店2004)『サルトル』(岩波新書2005)『戦後文学は生きている』(講談社現代新書2012)『加藤周一 二十世紀を問う』(岩波新書2013)『戦争文化と愛国心』(みすず書房2018)、訳書 ニザン『番犬たち』(晶文社1967)ペレック『眠る男』(晶文社1970、水声社2016)ファノン『黒い皮膚、白い仮面』(共訳、みすず書房1969、1998)ボーヴォワール『別れの儀式』(共訳、人文書院1989)サルトル『植民地の問題』(共訳、人文書院2000)『自由への道』(共訳、岩波文庫2000)『家の馬鹿息子』1-4(共訳、人文書院1982、1989、2006、2015)ほか多数。

「2018年 『戦争文化と愛国心 非戦を考える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人生を正しく享受するために 〈新〉人生論ノート (朝日新書)のその他の作品

海老坂武の作品

ツイートする