こんな医者ならかかりたい 最高のかかりつけ医の見つけ方 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736178

作品紹介・あらすじ

【自然科学/医学薬学】大病院より、かかりつけ医がこれからの医療の中心になる。医療費の抑制時代、地域における総合的ケアの要として、介護との連携も行いながら、大きな役割をになう。そこで、どう自分に合った「いい医者を選ぶか」具体的にその方法を詳述。また、英国などの先進制度も紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かかりつけ医の論点が分かりやすく解説されており、難しい内容ながらスラスラ読めた。
    諸外国との制度の違いも興味深い。

  • かかりつけ医(家庭医)に光を当てた一冊。
    歴史的な経緯から、諸外国との比較まで。
    幅広く網羅されています。

    細切れ時間に読み進めましたので、申し訳ないですが読み終わったときにはトータルで頭の中に入っておりませんでした。

    付箋は17枚付きました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1961年、愛知県に生まれる。中央大学大学院戦略経営研究科教授、医学博士、総合内科専門医、経済学博士、MBA。名古屋大学医学部卒業後、内科医として勤務ののち、95年、米コーネル大学医学部研究員。英レスター大学大学院でMBA取得。その後、大和総研主任研究員、大和証券SMBCシニアアナリストなどを歴任し現職。多摩大学大学院特任教授のほか多くの大学で教鞭をとり産業医活動も行う。
著書には『医療が日本の主力商品となる』(ディスカヴァー携書)、『新版 医療マーケティング』(日本評論社)、『賢い医者のかかり方』『日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一』(以上、講談社+α新書)などがある。

「2018年 『治療格差社会 ドラッカーに学ぶ、後悔しない患者学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こんな医者ならかかりたい 最高のかかりつけ医の見つけ方 (朝日新書)のその他の作品

真野俊樹の作品

ツイートする