心の病、初めが肝心 早期発見、早期治療の最新ガイド (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736192

作品紹介・あらすじ

【自然科学/医学薬学】うつ病など、多くの精神疾患は不眠・不安といった平凡な症状から始まる。早期発見が肝心だ。本人、家族、職場の人たちに向け、早期の気づき方を解説し、予防・治療法や会社の対応策を示す。著者は産業医も務める医大教授で精神医学の権威。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 患者の思い込みや考え方の癖を修正して、自分に合った現実的なものの見方・考え方があることを感じ取ってもらう技法が認知行動療法。思い込みとは一つの出来事に対してすぐに思い浮かぶイメージや考え。これを自動思考という。うつになると自分はダメな人間であると自責的になりがち。認知行動療法は、このような否定的な自動思考を本人に気づいてもらい、もっと現実的・柔軟でバランスのよい考え方をできるようトレーニングし、ストレスを軽くしようというもの。このアプローチは精神疾患の患者のみならず誰でも心が折れた時にパワーを引き出す源となる。辛い試練さえ待ち遠しくさせてくれる魔法の技法である。

全1件中 1 - 1件を表示

心の病、初めが肝心 早期発見、早期治療の最新ガイド (朝日新書)のその他の作品

水野雅文の作品

ツイートする