全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

  • 朝日新聞出版
3.75
  • (32)
  • (62)
  • (60)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 525
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736215

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経営】大好評を博し、版を重ねた投資解説書を全面改訂。経済評論の第一人者と、リーマン・ショックを乗り切り、アベノミクスでさらに儲けたインデックス投資家が惜しみなく方法論を公開。「市場に関係なく勝てる」インデックス投資を徹底解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (図書館資料検索新しめの投資関連の本無差別予約シリーズ)

    巻末のETFマネージャーとの対談が良かった。
    本編はわかりやすいがタイトルの通り初心者向け

  • 資本主義経済の発展を根拠にしたインデックス投資の有用性をバックボーンに、わかりやすくインデックス投資の始め方やもとになる理論、説得力を持たせる経験談、おすすめ商品の紹介を展開する。題名のとおり初心者にぴったりの簡単投資術入門本だ!

  • インデックスとETF

  • 読了日:2018/05/21

  • [図書館]
    読了:2018/3/19

    山崎さんと水瀬さん両方の見解が併記してあるのが面白い。

    生活防衛資金として残しておくべきはいくらか?
    ・山崎さん:生活費3ヶ月分(投資信託は数日で換金できるので)
    ・水瀬さん:生活費2年分(万が一失職した際3ヶ月ではきつい。金銭的に余裕がないと、もう雇ってくれれば何でもいいと、不本意な職を選ぶことになりかねない)

    リバランスはどうするか
    ・水瀬さん:1年に1回ぐらいが負担にならずちょうどよい
    ・山崎さん:「定期的な」リバランスに何か優れた点があるわけではない。「ノーセル・リバランス」を恒常的に行うのがよい。

    投資すべき資金がすでにある場合、「時間分散」をすることは時間・手間・コストがそれぞれにかかるのと共に、投資を完了するまでの期間に十分機会を利用できない機会コスト」がかかるので、「気休めにはなっても合理的ではない」方法。
    逆に追加で運用に回せる資産が給料・ボーナスのたびに生じて、その全部ないし一部をリスク資産に投資する場合は、「天引き」とも相性がよく合理的な状態なので定期的な投資を実施するのが良い。

  • 長期的に考える投資

  • 楽で安定した資産運用がいいなぁと思って読んでみた本。
    本書でいいたいことを簡単に言うと、「インデックス」と「ETF」がおすすめということ。

    初心者向けといいつつも、内容を深く理解するためには、それなりの知識や、調べながら読み進める必要があるなと思った。

    参考のインデックスやETFが記載されているのは嬉しい。投資先として検討したい。

  • [手に取った理由]
    山崎元さんの『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください』を読んで、他の本にも興味を持ったから。

    [感想]
    とても勉強になる内容です。

    一読目は難しく感じ、途中から遠い目になりました。私が読むには早すぎたのかしら…と。

    他の本や複数のブログを読み再読を繰り返しました。そうすることで、少しずつ理解できることが増えました。

  • これから投資を始める人向けの本。
    山崎氏の持論よりも共著者の著名投資ブロガー氏のアドバイスの方が一般人には理解しやすいし実行しやすい。
    ただ2年前の本ゆえ現状の株式相場と乖離があり、その点を少し考慮したほうがいい。

  • 山崎さんと水瀬さんの共著
    ★リスク資産は内外インデックスファンドを50%ずつ。MAXISトピックス上場投信1348。ニッセイ外国株式インデックスファンド
    ★360でリスクを考える。30年間リタイア後の生活があるとして月数は360。65歳で360万あれば毎月1万余計に支出しても大丈夫ということ。
    ★NISAに向くのはインデックスファンドの長期投資。ETF国内株式が良い。
    ★インデックス運用はお金を増やすのに時間がかかる。が資本主義経済が発展すればバイ&ホールドは継続出来る。「上がっても下がっても嬉しい」=認知的不協和を積極的に活用するのが積み立て投信を続けるコツ。
    ★将来の売り方→定額解約よりは定率解約で。資産の減少が抑えられる。
    ★「ウォール街のランダムウォーカー」「しぶとい分散投資術」
    ★ ニッセイトピックス インデックスファンド
    ★日本株式インデックスe
    ★ SMT トピックス インデックスオープン
    ★ニッセイ外国株式インデックスファンド
    ★外国株式インデックスe
    ★野村インデックスファンド新興国株式
    ★eMAXIS新興国株式インデックス
    ★MAXISトピックス上場投信…1348
    ★上場インデックスファンドトピックス
    ★上場インデックスファンド海外先進国株式
    ★MAXIS海外株式上場投信…1550
    ★上場インデックスファンド海外新興国株式…1681★iシェアーズエマージング株ETF…1582
    ★バンガードトータルストックマーケットETF…VTI★バンガードFTSE先進国市場ETF…VEA
    ★バンガードFTSEエマージングマーケッツETF…VWO
    ★バンガードトータルワールドストックETF…VT
    ★時価総額がどんどん減っていく銘柄は市場退出予備軍なので自然と指数に対する影響度も落ちていっていつの間にかいなくなる。

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年北海道生まれ。1981年、東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。その後、野村投信委託、住友生命保険、住友信託銀行、シュローダー投信、NBインベストメントテクノロジー、メリルリンチ証券、パリバ証券、山一證券、第一勧業朝日投信投資顧問、明治生命保険、UFJ総合研究所に勤務。また、2016年まで6年にわたり獨協大学経済学部特任教授として教鞭を執った。現在は楽天証券経済研究所客員研究員をつとめつつ、精力的に執筆・講演を行っている。著書多数。

「2017年 『図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)のその他の作品

山崎元の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
リンダ グラット...
ウォルター・アイ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする