投資バカ 賢い人は金融機関を信じない (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.09
  • (2)
  • (7)
  • (19)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736246

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経済財政統計】久々の株高だが、金融機関が勧める「おいしそうな話」を鵜呑みにしてはいけない。買ってはいけない投資信託は何か? NISAの本当の落とし穴は? 内情を知り尽くしたセゾン投信の社長が明かす、つきあってはいけない金融機関の真実!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 総じて低評価。あらゆる金融商品をコレはダメ、アレはダメ、の一辺倒で、結局何を伝えたいのか謎(あえてなら投信?)。また、冒頭で人口は伸びる、と言いながら、後半で、減る、と言ったり論理の一貫性が足りない。強いて言えば、金融マンの提案に乗りやすい人は読む価値有だが、逆にコレ読んで「やっぱ投資いいや」となる気もする。

  • 現在の新興国が先進国の仲間入りをするにはいろいろ条件があってハードルが高いので、高度経済成長時代の日本と重ねて投資対象にするのはちょっと早計。
    言われればなるほどそうだなとすごく納得できるのに、イメージだけでほとんどの国は時間がたてばみんな先進国になっていくものと思っていた自分が恥ずかしい。そのあたりの説明が分かりやすく、目からうろこ。

  • 投資バカにならないためにやってはいけない事をご自身の体験も含め注意喚起されている。
    個別株の売買も含まれていて、ちょっと耳が痛い気もするけど、資産形成なんて大それたことを考えずちょっとしたお小遣い稼ぎ程度と考えればOKなのかな。
    NISAや保険商品にも落とし穴がある。
    投資信託は窓口で勧められることを鵜呑みにしない。
    気をつけなければいけないことがたくさんあり過ぎて、思わず後ずさりしてしまいそうになる。
    まずはなぜこれを勧めるのだろうと考えてみることが大事。

  • 目新しいことはほとんど書いてない。少し、投資について調べたことのある人にとっては既知のことばかりだと思う。

    また、株価のフェアバリューについて触れているが、フェアバリューを計るのはそもそも、非常に困難だと思う。これから、投資を始める人にとっては、一読しておくべき本ではある。

  • 投資についての本。だけど、なんとなく投資詐欺についての本のように感じた。
    結局、投資信託がいいらしい(ただし、金融機関がすすめるのは買うなとのこと。直接販売がよさそう)。
    NISAについては、どちらかというと賛成の立場(ただし、制度が無期限化すれば)。金融庁はNISAの無期限化に前向きだそう。自分も初めてNISAについて知った時、「何で長期投資用なのに、期限つきなの?」と疑問に思ったので、無期限化してほしい。
    それにしても、日本って本当に銀行の数が多いんだなと。本当、なんでこんなに多いんだろう。第二地方銀行なんてものもあるらしい。
    後は、本当にバブルってすごかったんだなと。投資信託に元本保証なものがあったんだとか。すごい。

  • 53冊目。

  • リスクヘッジのための分散投資、長期投資による将来の資産形成を説いた本。一攫千金はギャンブルであり、勝つ場合もあるが最終的には負ける。(胴元へ寺銭を払うため)あと、本当に儲かる話をわざわざ他人にそのままもってくる物はいない、つまり何らかの得があるからその話をもってくる、ということ。だから銀行が勧める投資信託を疑いもせずにそのまま購入というのは愚作、とまあ、私のような投資初心者にとってはとても親切な本でした。

  • あれがダメこれがダメばかりで、結局何が良いのか

  • 多分初心者にもわかりやすい内容なんだろうなあ、と思いつつも、もともとあまり興味のない分野のためなかなか読めず。
    投資をしている人の間では当たり前なことがきっとたくさん書かれているんだろうなあ。

    語り口はとてもよかった。
    2015.08.04

  • 投資信託の実態はどのようなものか。そんな内容がメインで他に他の金融商品の話が書かれています。ある程度、投資をしている方には分かり切っている話が多いと思いますが、あまり金融商品に詳しくないと言う方には、読んでみる価値あります。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

セゾン投信代表取締役社長 1987年明治大学商学部卒業、クレディセゾン入社。関連会社資金運用部にて自己勘定で債券のポートフォリオ運用に従事後、投資顧問事業を立ち上げ、運用責任者としてグループ資金の運用や海外契約資産の運用助言を行う。2006年セゾン投信を設立。07年4月より現職。積み立てで、コツコツと資産をふやす長期投資を提言、それに合った2本の投資信託を運用し、価値ある投資信託に送られる「R&Iファンド大賞」最優秀ファンド賞を4年連続受賞。現在、口座開設数12万7千人、預かり資産1800億円を突破。公益財団法人セゾン文化財団理事、一般社団法人投信協会理事。著書に『預金バカ』『退職金バカ』(講談社)、『投資信託はこの9本から選びなさい』(ダイヤモンド社)他多数。

「2017年 『普通の会社員が一生安心して過ごすためのお金の増やし方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

投資バカ 賢い人は金融機関を信じない (朝日新書)のその他の作品

中野晴啓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

投資バカ 賢い人は金融機関を信じない (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする