安倍政権への遺言 首相、これだけはいいたい (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.08
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736253

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】81歳、日本で最も有名な全身ジャーナリストの集大成にして"遺言"的評論。特定秘密保護法、集団的自衛権、憲法改正など急速に右傾化する安倍政権への警鐘を鳴らす。週刊朝日の名物コラム「ギロン堂」に大幅加筆。刺し違える覚悟で書いた一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 朝日と毎日、読売と産経。日頃これらを全く読んでない私としてはこんなにも両極端な内容なのかとびっくりした。でも政権べったりの報道はどうかと思う。

    アッキーのインタビューはおもしろい。

  • 安保法制が成立したこの時に読みタイミングがよかった一冊。
    自分の思うことと合っている部分が多かったです。
    「安保法制の最大の問題は、アメリカに向けては説明した安保法制の本当の意図を時間をかけて日本国民にきちんと理解させようとしていないこと。」とは正しくその通りだと思います。
    本の題名は刺激的ですが、田原さんの問題意識がよくわかる一冊です。
    あくまでも朝日新書からの出版物であることを意識して読まれるといいと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーに。『朝まで生テレビ!』の司会をはじめ、活字と放送、ネットなど幅広いメディアで活躍。次世代リーダーを養成する「大隈塾」の塾頭も務める。近著に『トランプ大統領で「戦後」は終わる 』(角川新書)、『平成の重大事件』(猪瀬直樹氏との共著、朝日新書)など。

安倍政権への遺言 首相、これだけはいいたい (朝日新書)のその他の作品

田原総一朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする