京大式 おもろい勉強法 (朝日新書)

著者 : 山極寿一
  • 朝日新聞出版 (2015年11月13日発売)
3.92
  • (11)
  • (16)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :181
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736420

作品紹介

【社会科学/教育】アフリカでゴリラ研究を重ねた人類学者・京大総長が、総長の仕事は「猛獣使いだ」という強い対人力で、若者にコミュニケーション力によって「信頼を得る」人格形成の大切さを提言。グローバル時代に「おもしろい」ことをしようという京大式勉強法を伝授。

京大式 おもろい勉強法 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とてもおもしろかったけど、タイトルと内容に齟齬がありすぎではないか。
    この本はいわゆる「勉強法」についてではなく、山際氏のゴリラ研究と、ゴリラ研究を通じてみたアフリカの人たちとの交流について書かれた本であり、比較行動学や異文化コミュニケーションについての本といった方が良いと思う。
    タイトル見ただけで買った人には面食らう内容かもしれないし、逆に比較行動学やアフリカに関心がある人にこの本の存在が知られないというデメリットもある。本のタイトルは出版社の営業が決めるらしいと聞き、最近内容とタイトルがかけ離れている本が多いのはそういうことかと理解できたが、この本については本当に、タイトルつけた営業担当者には猛省を促したい。

  • 京大総長の山極先生が、これまでの経験から身につけてこられたコミュニケーション法を紹介しています。
    京都の人々、アフリカの人々、そしてゴリラたち…たくさんの人や動物たちとの交流を通して、山極先生がコミュニケーション力を育まれてきたことがわかりました。
    タイトルには「おもろい勉強法」とありますが、周囲といかにして関係を築き、そこから学んでいくのか、そして関係を築く肝になるのはコミュニケーションなのだ、ということを教えてくれる1冊でした。

    相手に費やした「時間」がその相手への信頼度である、というお話が印象的でした。
    特に強調されていたのは、対面して共に過ごすことの大切さ。
    デジタルの時代になっても、やっぱり人との関係を育てるのはアナログなコミュニケーション。
    誰かと一緒にテーブルを囲み、食事を分けあう中で育まれる社会性があること。
    原初的にも思えるけれど、現代においては廃れてきていることなのだと、本書を読みながら改めて感じたのでした。
    そして、その効果的な潤滑油になってくれる美味しいお酒や食事の大切さも噛みしめたのでした。

  • この本は、勉強法の本というよりは京大学長が自分が得た経験を共有するために書いた本という感じ。処世術、という方がタイトルに合っていると思うんだけど、ただ「京大式おもろい処世術」みたいなタイトルだと売れない気がする。
    ともあれ、書いてある内容は経験に裏付けされた非常に示唆に富んだ内容で面白い。自分としての軸の持ち方や、敵を作らない事の大切さや、人と共有する時間の長さが大切である等々。人間関係構築について明日から使える具体的な事が書いてあって非常に有用。勉強法を学びたい人には肩すかしな内容ですが、処世術を学びたい人はオススメです。

  • 勉強というよりは学問、研究をするために、現地の人々とどう共生し、仲良くしてネタ集めするかというのが主題か。こういう学者がいて、京大の総長になっているのだから、まだまだ日本も捨てたものじゃない。

  • 勉強法というよりも、コミュニケーション術の本。

    自分の成し遂げたいことをするには、人と人の関係をいかに築くかが大事。

    面白かった内容

    ・味方をつくると、味方の敵も敵となる、特定の味方を増やすよりも、むしろ敵を作らないことが大事。
    ・たとえば、アフリカでお金の入ったカバンを置き忘れること。「俺の財布をとらないよね?」と強制しており、コンフリクトや悪事を働かせるきっかけを与えてしまったと受け取られる。文化/習慣の違いにより、信頼の概念も変わる。

  • There is no problem, there is a solution.

  • 勉強法と言うよりは、本人のゴリラとの対話やアフリカでの体験を通した生きていく上での対話について書かれており、大変参考になった。

  • 手にとったのは実はNHKブックスの「暴力はどこからきたか」が最初。しかしあまりにも良書なので図書館で借りるのは中止して急遽買うことにした。それで、代わりに借りたのがコレ。話の中心は、勉強法というよりはコミニュケーション論ではあるが、ゴリラ学、霊長類学の山極さんの学問のバックボーンが分かってたいへん面白かった。

    以下参考になったところ。
    ◯グローバル人材は語学力なども必要ですが、1番重要なのは、相手を感動させる能力。相手に「おもろい」と思わせる。
    ◯対人力をつける。その三つの軸。
    (1)相手の立場に立って物事を考える。
    (2)状況に即して結論が出せる。
    (3)自分が決定する。
    ◯具体的に著者は、なかなかの交渉力を使っている。「こいつは今殺すよりも、お金を持っているから利用した方が得だな」と相手に「思わせる」。また、相手を信頼して金を盗む隙を作るのは、かえって彼らに悪者にさせる危険性を作った事で、「押し付け」である。国が違えば「信頼」の在り方も違うのだ。
    ◯物の売り買いは、単なるお金のやり取りではなく、自分と相手との信頼関係が築かれる時間でもある。人間が太古の昔から築いてきた1番大きな信頼関係の担保は、実は時間なのではないか。文明の利器(携帯電話、コンビニ等々)は、人に迷惑をかけることによって成り立った人との繫がりを失うことで成り立つ。
    ◯人間は「共に生きる」という感覚なしでは幸福感が得られない動物である。
    ◯人間が長いこと続けてきた狩猟採集の社会では、財産なるモノを持って移動することはなかった。農耕が始まってせいぜい1万2000年ていど。おそらくそれはまだ人間の本性にはなっていないはずです。人間の発明した言葉によってわれわれは幻想を持たされているだけ。土地の所有をめぐる問題にしても、勝つか負けるかの二者択一しか無いのか?共同で利用することを提案することだってできるかもしれない。
    ◯大人の間でも食の分配が出来る霊長類はチンパンジーやゴリラなど限られている。しかも共食は、人間がチンパンジーの共通祖先から別れてから、最初に作り上げた最も重要なコミニュケーション。食事の場を設けること自体が、和解を前提にしている。
    ◯だから、最近なくなりつつある子供の時の食卓の上での戦争は、和解の訓練でもあった。
    ◯人との関係を築くには、どうしたってアナログな方法しかないのです。

  • 努力に努力を重ねて、あるとき、豪華な世界が立ち現れる瞬間

    この瞬間のために、辛くても苦しくても努力することを止められないんだ、と思った。
    一度しかない人生、おもろく生きたいものです。

  • 請求記号:002.7/Yam
    資料ID:50081480
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全22件中 1 - 10件を表示

京大式 おもろい勉強法 (朝日新書)のその他の作品

京大式 おもろい勉強法 (朝日新書) オンデマンド (ペーパーバック) 京大式 おもろい勉強法 (朝日新書) 山極寿一

山極寿一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
アーノルド ベネ...
宮下 奈都
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

京大式 おもろい勉強法 (朝日新書)はこんな本です

京大式 おもろい勉強法 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする