がんとの賢いつきあい方 (朝日新書)

著者 : 門田守人
  • 朝日新聞出版 (2016年1月13日発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736505

作品紹介

【自然科学/医学薬学】文化放送の人気ラジオ番組「キャンサー カフェ」のパーソナリティーで、がん研有明病院の名誉院長が、最先端の治療法を含めた、がんのすべてを語る。番組に出演し、がん体験を語った有名人たちのエピソードが随所に! 医者との賢い付き合い方も伝授。

がんとの賢いつきあい方 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • がんによる死亡者が増え、罹患者が年間100万人を突破する日が目前に迫っている。但し、がんになる人が増え続けている最たる理由は国民の高齢化。がんによる死亡率自体は、1990年代半ばをピークに減少傾向にある。今日では、除染や治療薬によって炎症をコントロールすることが可能になり、がんを防ぐことができるようになったのが大きな要因。とりわけ、ピロリ菌を除菌することで胃がんの発生を飛躍的に抑えることができるようになっている。他方、手術や抗がん剤による治療で、かえって寿命を縮める可能性があるとして、がん治療そのものを否定し、「長生きしたければ、がん検診は受けるな」と主張する医師もいる。確かに進行がんの場合は、根治が難しく抗がん剤や放射線治療に副作用によって苦しんだり、時には死に至ることもある。だからといって、がんを放置してもいいというのは暴論。がんを放置した場合とがんを治療した場合、どちらの寿命が長いか、正しいデータに基づくエビデンスはない。不確かなことをさも正しいことであるかのように言い募っているだけ。確かな事実は、全国平均で6割強、東京ならば7割強の人が治療を受けてがんが治っているということ。がんは放置した方がいいという主張に真っ向から異を唱えるのが本書。最新がん治療のポイントを丁寧に解説されている。

全1件中 1 - 1件を表示

がんとの賢いつきあい方 (朝日新書)のその他の作品

1-B01HYUSVEAの詳細を見る Kindle版 1-B01HYUSVEA 門田守人
がんとの賢いつきあい方 (朝日新書) オンデマンド (ペーパーバック) がんとの賢いつきあい方 (朝日新書) 門田守人

門田守人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

がんとの賢いつきあい方 (朝日新書)はこんな本です

ツイートする