リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736697

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2003年米国がイラク戦争を開始するにあたり世界各国で一千万人規模のデモがあった。戦争を止めることは出来なかったが意味はあった。権力を批判し、個人の「自由」と「平等」そして「平和」を基軸とする「リベラリズム」は、左/右、保守/革新と関係なく、ナチズムやファシズムなど「全体主義」や、態度における「権威主義」と対立し、左派の「共産主義」、「社会主義」をも批判する。政治が必要と判断すれば法を破っても構わないとする「非立憲主義」に対立する。「個人の尊厳」と「自己決定権」を大切にし、独立自尊を求める考え方。

  • 東2法経図・開架 323.14A/So76n//K

全2件中 1 - 2件を表示

リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値 (朝日新書)のその他の作品

外岡秀俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
アンソニー・B・...
有効な右矢印 無効な右矢印

リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値 (朝日新書)はこんな本です

ツイートする