財務3表図解分析法 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (3)
  • (11)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736857

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 財務分析をするにあたり、色々な指標を数字で見て分析するというのが普通の発想だが、図を使って、しかも金額を目盛りにしてPLやBSの高さや、流動資産、固定資産、流動負債、固定負債、純資産、売上、当期利益の高さを使って会社の数字をイメージで捉えるという考えが斬新だったことや、キャッシュフロー分析の説明もわかりやすかった。ただ、いちいち著者の別の著書を参考にせよという個所がいやに多かったのがなんてんではあった。あと知識社会が資本を持つことの意味を薄くしてしまっているというところが、最近の会社に現れている傾向であることを把握できた。

  • グローバル企業と日本の大企業が比較され、如何に稼ぐ力が違うかが如実に示されている。最後の「財務分析の補足」の章の部分などなどもう少し解りやすい説明ができるのでは、と思ったところもいくつかあり、そこまで良書と勧める言える本とは言えないというのが正直な感想。
    で、このわかりにくさは日本語の財務用語(?)の解りにくさにある気がする。同じ用語に複数の語があったり、財務レバレッジやROE一つとっても複数の語がある。英語で考えると解りやすい。

  • 相変わらず、大変わかりやすい

  • 財務3表図解分析法
    國貞克則
    2017年12月25日読了。

    財務3表シリーズの図解分析法。
    前回読んだのは、財務3表一体理解法。「はじめに」の導入部分に記載がありますが、まずは一体理解法の本を読んでおくのがオススメです。
    その上でこちらの図解分析法は併読して読むと理解が深まりそうです。
    私はまだどちらも一回しか読んでませんが。。
    この本の目的は、会計の専門ではない人に向けた本ですが、「会計を学ぶ上での着目点」について分かりやすく書いてあるので、初心者から経理担当者までオススメな気がします。

    やはりキャッシュフロー表が大事だよ。という観点は変わらず、三菱自動車やマツダドコモとソフトバンクアップルとソニーなど。有名企業の実際の財務諸表を事例に解説してくれているので、イメージもし易いですね。
    あとよく使われるという財務分析の一覧があったりするのも良かったです。
    良書。

  • 様々な財務指標や考え方が暗記ではなくイメージできっちり意味を含めて理解できる

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

経営コンサルタント

財務3表図解分析法 (朝日新書)のその他の作品

國貞克則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

財務3表図解分析法 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする