「自分には価値がない」の心理学 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (7)
  • (14)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736925

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分には価値がないと思っている人、自尊心が足りない人、自己肯定感が低い人、そんな人たちに向けた応援メッセージが詰まった一冊。日本社会は謙虚が美徳とされすぎていて、自尊心や自己肯定感、自己愛の大切さがないがしろにされているように思う。

  • 2018.04.30読了
    ウンウン とうなづきながら読みました。
    自分の気持ち次第で色々変わるということは、頭では理解しているのですが。
    この本は、実際にどうすればいいか、具体的な方法が豊富に載っています。
    できることから始めてみよう。
    「変えられることを変える勇気、変えられないことを受け入れる冷静さ、それらを識別できる知恵を与えて下さい」

  • 意識高い系自己啓発本(笑)
    よくある自己啓発本と違うのは、無価値観を感じているそのままの自分を著者が許し甘やかしてくれるのではなく、無価値観を脱するためにどう努力すればよいのかを、教え導こうとしてくれているところ。
    ビジネスとして癒しを提供する事を目的にしたものではなく、後進世代への温かい思いやりに満ちているのが伝わってきて素直に読めた。

  • 自己価値感のしくみや影響がわかりやすくて良かった。そうした心の不具合を治す方法も優しく書いてあるが、そこは自分には合わないかな、と思った。
    著者の主張は最もだなとは思う。
    心理学に興味がある人には面白く読めると思う。

  • 単なる励ましが連なる本では無く,心理学的な知見に基づき,原因を細やかに分析して対策法を提示している本でした.
    著者ご自身が苦しい思いをなさっていただけに,説得力がある内容でした.もっとも,著者の詳しい生い立ちは ”おわりに” で初めて分かったのですが.

    購入して良かったです.とりわけ読んで良かったなと思った内容は,下記の通りです.
    生得的過敏性の話(66頁);人生設計を立てる意義や具体的な立て方について(125~133頁);感情バイアスについて(174~177頁);自律訓練法(185~191頁);愛着スタイルについて(202~206頁).

  • 自分の心に響いたのは『今のままでいいのだよ』『特別な存在感にならなくていいのだよ』。
    他人の評価が自己価値になる人は『他の人と同じでは駄目』『優れなければ認めてもらえない』『頑張らなければ存在が許されない』という不安が含まれている。
    努力の方向を内発的な感情に沿うように向けなおすことが大切だ。
    自分を大切にする。仕事をしている自分に価値を見出せないと自分を評価できないことが問題だと思う。その問題を解決するのは自己肯定の習慣だ。自己否定のクセを捨てることが大事だ。
    否定的な考えが浮かんだら肯定的な考えに変換していくと良い。

  •  無価値感が強いと、いろんな場面で他の人と自分とを比べてしまう。優劣が自分の存在価値に直結するからである。確かに、競っても仕方がない人と自分とを、定まらない評価軸で比較してしまいがちです。
     私たちは誰でも自分に価値があると思いたい。しかし、思いが挫かれる体験に出会い、自分は無価値だと思ってしまう人がいる。本書は無価値観とは何かを理解し、抜け出る対処法を述べている。本当の安心、しっかりとした自己価値感は、自分を成長させ、幸福な人生を築こうとする誠実な努力を積み重ねるうちに形成されるのである。アスリートが「あれだけ練習したんから大丈夫」と思えるまで苦しい練習を繰り返すように、心も同じで、練習しないですぐにできるわけがない。「できた!」という体験を積み重ねることで、自己信頼に到達できるのである。

     「自分を自分として成長させること、それにより、自分の内にある力を実感すること。こうした体験を積み重ねることで、無価値感は自ずと乗り越えられていくのである。」根本先生は、自分を成長させるために夢や目標が必要だと仰る、確かに(私も含めて)無価値感に悩む人は、夢をあきらめ、目標を見失っているのだろう。自分が好きなことに素直に向き合い、夢を思い出すとともに、何らかの目標を立てることが必要なのだろう。

     >内面自己としての価値とは、自分の人格的な側面であり、努力家、忍耐強い、誠実、優しい、配慮、献身、共感、自制力、公平、勇気、ユーモアなど…いずれも、他者から評価を受けたからと言っても、自分を納得させることができにくいことです。自分の努力で、自分に刻み込まなければならないようなことです。

  • 請求記号:146.8/Nem
    資料ID:50085611
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全8件中 1 - 8件を表示

「自分には価値がない」の心理学 (朝日新書)のその他の作品

根本橘夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
村田 沙耶香
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

「自分には価値がない」の心理学 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする