結局、人は顔がすべて (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.53
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 64
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736956

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】運を呼び込む顔、仕事がうまくいく顔とは? 顔は変わる、変えられる! 心がけ次第で良くも悪くもなる顔の本質を知り尽くすことで、誰でも思い通りの顔を手に入れることができます。「見た目の専門家」である著者が説く、整形美容にも優るセルフ造顔術のすべて。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • できるだけいい顔でありたい。

  • 2017年12月12日読了

  • あまり参考にならず

  • 「人は見た目が9割」「やっぱり人は見た目が9割」を読んだので
    勝手に見た目3部作と解釈した本書を手に取りました。
    人は40になったら自分の顔に責任を持たなければならないと
    何かの本で読んだと思ったのですがまさにそのことを1冊通じて述べた本。

    著者は舞台演出家でもあるのでそういった視点からの話や
    学術的な話など読んでいて面白い話ばかりではあるのですが
    話が本筋から脱線し過ぎて何を言いたいのか分かりづらかったり
    といったところが結構ありました。
    そして肝心のどのように顔を良くしていくのかといったところは
    具体的なことはあまり書いておらず(そんなカンタンな話ではないのでしょうが)
    最後まで読み終わってちょっと期待ハズレと感じてしまいました。

  • 美男美女が結局得をする社会という風に思ってしまうような本のタイトルですが、手にとって読んでみたら、全く違うことが書いてありました。
    美人は小さい頃から、ちやほやされて思い上がりがちになり、大人になってその性格が仇になる、美容整形も、いっときではなく一生モノの自信を得るために有効かと自問自答すべき、等と書いていて、外面も磨くためにも内面を鍛えるべきだと書いていある本でした。

    いい顔になるためには、自信を持つこと、いつも笑顔でいること、そのためにも規則正しい生活が重要である。他の本でもよく書かれているような充実した人生を送るための基本を守れば、自然といい顔になると、言われてみれば至極当たり前のことを書いてあります。その当たり前を顔と関連付けて書いてあるのが新鮮でした。

    人生のすべてが顔に出てしまうとうことは、「結局、人は顔がすべて」ということなんですね。

  • ページ数の割には内容は少なかったけど要点はとても大事なことを言っていたと思います。おもしろかったです。まぁでも(わかってはいるんだけどなぁ)ってなるのが日々の生活(^_^;)努力って難しい。

  • 久米書店

  • <目次>
    はじめに
    第1章  顔への心構え
    第2章  顔を造る主役・脇役
    第3章  表情こそが顔
    第4章  いい顔になるための十則

    <内容>
    『人は見た目が9割』の著者の第3弾。今回は前回までの(そのうち1冊『人は見た目が9割「超」実践編』は読んでないが…)とは違った気がする。今まではどちらかというと否定的な感じだったが、今回は”はじめに””第1章”は様々な人々の文献を基に、自説を強化したる感じだが、”第2章”以降は、実践的な(セルフ)造顔術やそれ以外の身体的な・心理的な”いい顔”造りの実践例が盛り込まれている。特に第4章は、顔に自信のない人(および老成化している人、高齢者)にとって、わかりやすい実践だろう。

  • 2016122

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 教授

「2016年 『機械学習のための連続最適化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

結局、人は顔がすべて (朝日新書)のその他の作品

竹内一郎の作品

ツイートする