書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)

  • 朝日新聞出版
3.72
  • (16)
  • (48)
  • (34)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :579
  • レビュー :48
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022737007

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)
    著者:池上彰 竹内政明



    著者の一人である、分かりやすい解説で人後に落ちない池上彰氏。
    その池上彰氏に『読売新聞の一面を下から読ませる男』と言わしめる竹内政明氏。


    両雄とも書く事を生業とし、その「書く力」を存分に余すところなく披露している。


    書く題材選びから構成、表現する言葉選びから何かな何まで拘り抜いているにも関わらず、
    明瞭な筆致、かつ、玄奥な文章に舌を巻く。


    かといって「エヘン」と威張るわけでもなく、只管謙虚で互いを尊重した対談が読んでいて清々しい気持ちにさせる。


    どこまでも書く事、伝える事に妥協はしないものの、それでいて読者を置き去りせず、楽しんで何か一つでも心に留めさせようという魂胆も垣間見える。


    ここまでのレベルに、凡庸な私が 近づこうとするのは愚の骨頂だという事は重々承知の上だが、
    それでも言葉への興味が増すばかりである。
    してやられた感は否めない。


    書きたい事を書きながら、日々身の回りで起こる出来事に目を凝らし耳をすませ、脳に記憶させる。
    それを寝かせたり、こねくり回したりしながら気楽に本書で書かれている事を実践していきたい。

  • どうやって著者たちは書く力を磨いてきたのか。
    ふたりの対談を読み終え、三つのことに気付かされました。
    ①ラクをしていては書く力は身につかない。
    ②言葉に関心を持ち、言い換える言葉をストックしておく。
    ③プロでも、常に「よりよい表現はないか」頭を絞ったり、工夫したりしていること。

    つまり、たくさんの本を読んで言葉に触れ、書く努力をしなさいということです。

    池上さんは読者に、プロではないのだから気負う必要はないと言う。

    限られた字数の中で、自分は何が書けるのかをしっかり考え、分かっていることを自分の言葉で表現していきたい。

  • 文章の書き方本

    池上彰さんと読売新聞社の「編集手帳」を担当する竹内政明さんとの対談本

    正直あまり期待していなかったけど、めちゃくちゃ面白かった(笑)
    お二人が褒める文章について「上手さ」はよく分からないところもあるけど、お二人が楽しくてしょうがないのは伝わった(笑)

    あと池上さんが自分の書いた文章は時間が許せば、書き終わったらしばらく時間をおいてプリントアウトしてから読み直すって話してたけど、すごくよく分かる。
    私も、まったく同じ。パソコンの画面のままではどうにもピンとこない。誤字脱字も気づきにくい。
    どうしてか分からないけど、紙じゃないとダメなんだよね(笑)


  • 第二章より、心に留めておきたい内容

    自分でもよくわかっていないことは人に伝わらない。
    自分自身が深く理解している物事についてのみ、分かりやすい文章が書ける。
    背伸びせずに、自分がわかっていることを、自分の言葉で書く。ありのままで書く。ベタに書くことを恐れなくてもよい。一番大切なのは伝わるということである。

  • まずはテーマを決める。自分の身近な話には魅力がある。自分の経験なので詳しく書ける。テーマの次は、結論よりもまず「書き出し」。パソコンのワープロで書くべき要素をまず書き出す。そのあと切り貼りすれば良い。そして冒頭から結論への橋渡しを。向田邦子。中島敦「山月記」。島崎藤村「千曲川旅情の歌」。上田敏。李白。井上靖。短文の効用。とにかく削る。誰に読んでもらうかを意識する。書いたら音読してみる。硬派な「だ・である」と、軟派な「です・ます」。

  • 自分の中では4.3点。
    「文章力とはなにか」をプロ中のプロの経験から非常に分かりやすく解説されている。
    ただし、理解できることと身につけることはまったく別。この本に書いてあることをマスターしようと思うならば、本気で勉強しなければならないはず。しかも、文章力にゴールはないので、一生かかっても極めることはできないことも本書でよく理解できた。
    また、私は客観的事実を私見を入れずに分かりやすく書くことを求められることが多い。本書は素敵な文章を書くことを目的にしているので、実はあまり参考にならなかった。

  • 結構手の内を明かしてくれている印象

    文章が上手くなるためには読むこと、声に出すこと、書き写すことも大事
    名文のリズムを知る、身につける
    楽しんで読む
    好きな言葉を集める
    人によって受け取り方が違う。だから、保険をかける書き方も大事
    書く力を養うには落語がいい、語彙力を増やすには類語辞典が役に立つ、など、参考になる話がたくさん
    でも、キーワードばかりでエピソードが少ない
    竹内さんの自慢話と、数ページに渡り紹介し合っていた漢詩の例題を割愛し、エピソードに当てて欲しい

  • 2016.05.11読了
    後半は漢詩を参考にした文章術についても書かれていたけど、漢詩が全く理解できないので参考にならなかった。

    この世代の人だから漢詩に慣れているのか、私が無学なだけなのか。

    井上靖とか、例として出てくる作家の文章が苦手で共感できない部分も多々あった。これは年代の違いによるものなのだろうか。昔の作家さんの文章は読み難いから、竹内氏がどこに感心しているのかスンナリとは理解できなかった。

  • 技術系の人間の参考になる本ではありませんでした。
    新聞の社説のような文章に憧れる方は多いのでしょうか?私としては感傷的すぎで理屈が通っていなく感じられ、あまり好きではありません。

  • 文章のタネは普段からいい文章を拾ってストックしているとのこと。そうでなければポンポンこれぞという文が出てくるわけがないと納得した。

全48件中 1 - 10件を表示

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)のその他の作品

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
スティーヴン・ガ...
宮下 奈都
三谷 宏治
佐々木 圭一
恩田 陸
原田 マハ
有効な右矢印 無効な右矢印

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)はこんな本です

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする