夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.66
  • (15)
  • (36)
  • (25)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 388
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022737014

作品紹介・あらすじ

【社会科学/社会】あなたの夢は、見たい夢か、見せたい夢か? 人に認められたい、人に褒められたい、人に勝ちたい、というものは夢ではない。総発行部数1400万部、総収入15億円で夢の庭園鉄道生活を送る著者による、願いを現実にするための方法論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢とは何か?
    何かを作り上げること。
    森氏の場合は工作だった。

    夢は昼寝とかグダグダする暮らしの実現とは異なる。
    何かを作り続ける。
    日々夢の実現に何かアクションを起こす。

    夢は他人に見せびらかしたり人を巻き込むことではない。
    自己満足こそ目指すべきこと。

    夢に向かっていれば日々の労働も夢の実現のための資金作りと考えられる。

    そんな感じ。

    自分では夢を意識したことがあまり無かったけど、
    何かになりたい、実現したい、○○を入手して◎◎をしたい、ということ位しか考えてこなかった。
    世間一般の人たちもそんな感じで、著者がこの本を書くにあたって編集部で取ったアンケートでも、金持ちになりたいけどやっていることは宝くじを買うこと等という例が出ていた。
    夢、または人生の過ごし方を考えるにあたっての良書だと感じた。

  • 人の夢はそれぞれであり、作者に否定されたくない。
    作者は、成功者であるから言える事であって、全ての人にあてはまらない。
    すべてがお金であるとは言わないが、お金がないと叶えられない夢がたくさんある。
    小説家として成功してお金持ちになった作者から言われても心が響かなかった。

  • 森博嗣さんがますます好きになる。「子供のときの夢を一つずつ実現していくのが人生だ」名言!森さんの夢はもちろん自作の飛行機を飛ばしたり機関車を走らせたりすること。可愛いなぁ(笑)夢と趣味の違いがよくわからない。

  • 2章の"時間スパンの長い夢"に共感。
    同じく2章、夢に関するアンケート結果も面白い。
    「両親のために家を建ててあげたい」⇒具体的にしていること「宝くじを買っている」、とか。

  • あとがきの最後の段落に集約されている。(迷惑をかけない範囲で)周りを気にせずに自分の思う道を進む。行き先は途中で変わっても良い。フリープランの海外旅行に似ているのかも。

  • 自分の夢に他者を介入させない。人の夢を自分の夢と錯覚しない。常に自分が自由であることをモットーに生きることを再確認できた。

  • 【小説】

    できないのではなく、時間がかかるだけ
    キリが悪いところで終わる
    明日の自分のために準備をする
    とにかくやる、コンスタントにやる
    難しいところにぶつかったらわかるところからやる
    日を空けない
    5000~1万字
    15分で飽きたらほかの作業をする

    【夢とは】

    夢は人に見られなくてもやりたいこと
    自分ひとりの秘密にしたとしても、やり遂げられるかということ

  • 森さんのいつもの成功自慢。
    他の本を2冊ほど持っているので内容を確認するために図書館で借りてきた。
    案の定、他の本と内容はほぼ同じ。
    「誰でもできる。だらだら続ければいい」
    そんな訳ないだろ。

    どうしてそんなに今の自分を自慢したいんだろう…。

  • 「夢」について改めて考える。今の生き方はだいぶずれていた。気づかせてくれる一冊。

  • レビュー省略

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)のその他の作品

森博嗣の作品

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする