だしの神秘 (朝日新書)

著者 : 伏木亨
  • 朝日新聞出版 (2017年1月13日発売)
3.20
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022737021

作品紹介・あらすじ

【自然科学/化学】日本料理のおいしさに絶対欠かせない味の礎がだしである。古来、油脂や砂糖が一般に手に入らなかった日本で、うまみをなすだしが発展していった歴史からひもとき、またうまみを最大限に引き出す料亭のだしを平易な言葉で科学的に分析。神秘なるだしの世界を照らす。

だしの神秘 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昆布と鰹の合わせ技で生み出す旨味を味わいたい。

  • 鰹だしと昆布だについて色々な方向から見て書かれています。
    鰹節の手間隙のかかる作り方と水の硬度でだしの味が変わる話は特に興味深く読みました。
    コラムにある『究極のだしの引き方』は近いうちにしてみたいです。

全3件中 1 - 3件を表示

だしの神秘 (朝日新書)のその他の作品

だしの神秘 (朝日新書) Kindle版 だしの神秘 (朝日新書) 伏木亨

伏木亨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
本谷 有希子
エラ・フランシス...
原田 マハ
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

だしの神秘 (朝日新書)はこんな本です

ツイートする