子育て支援と経済成長 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.59
  • (4)
  • (6)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022737069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書なのでやむをえないが、ファクトに基づいて統計上からも子育て支援政策が女性の労働生産性を高め、しいては経済成長に貢献できるというロジックを打ち立てることに成功している。

    最後の宗教との絡めた話については?もつくが、総じて、女性の社会進出に否定的な方々にも読んでもらいたい。もっとも、こうした本を読むことすら拒否するんだろうが…

  • ・データ分析に基づく提案。
    ・国や地域によって社会保障モデルが3つに別れるのは、宗教によって説明できること。
    ・子育て支援がリベラル、保守の溝を埋めるきっかけになる。

    などなど、「新書らしい新書」に出会いました。
    つまり、内容が読みやすく、分量はそこそこなのに、得られるものは時宜に適っていて大きい。

    ・財政余裕を増やすには、労働生産性の向上が一番。
    ・IMFのラガルド専務理事の発言の根拠は、日本の女性労働力参加率がG7レベルまで上がれば一人当たりのGDPは約4%増え、北欧レベルまで高まるとさらに4%増える、というIMFによる統計的な推計。
    ・人間の脳は朝起きてから13時間以内しか集中力が続かない。
    ・1980年代から2000年代にかけて、高齢者の貧困率が大幅に減ったきた一方で、子どもの貧困率がじわじわと増えている。
    ・デューイ以後の適応概念には、適応の責任が社会の側ではなく個人の側だけに押しつけられている。

  • 子育て支援がどのように経済成長と繋がるか、きちんとデータを分析して述べられています。ただ、筆者自身がおっしゃってますが、まだ不確定な要素はたくさんありそうなので、今後もデータの収集と分析を続けてくださることを願っています。
    日本の子育て支援への、筆者の熱意と誠意が伝わる内容でした。

  • 最近、題名の提言をして話題の著者。
    内容はとても興味深いのですが、どうしても中身の薄さを感じてしまうのが残念。
    結局は、裏付けるためのデータが存在しない、または量が少ない現状に問題がある訳で、日本はこれからもっと子ども達に目を向けるべきだという点は同意。
    つまり、現役世代の選挙への関心および投票率が低すぎるのが問題なのであって、我々が声を上げ、手を上げなければ、社会は変わらないのだと思う。

  • 子育てしやすい社会にするための支出は結果としてワリに合う(経済成長につながる)のだということを、データを示して論じている。ますます少子高齢化していく日本で重要なのは、労働生産性を高めること。それには労働力女性比率を高めることが近道であり、そのためには保育サービスの拡充が最も効果的であることを「ただ訴える」のではなく「実証する」というところに力点がある。「働きたい女性が、心配せずに働ける」「子供を産んでも大丈夫だと思える」社会をつくるための下支えになる本だと考える。

  • 本当にその通りの内容。経済を拡大したいのなら出生が全て。

全7件中 1 - 7件を表示

子育て支援と経済成長 (朝日新書)のその他の作品

柴田悠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
恩田 陸
村田 沙耶香
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

子育て支援と経済成長 (朝日新書)はこんな本です

子育て支援と経済成長 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする