理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)

著者 : 成毛眞
  • 朝日新聞出版 (2017年8月10日発売)
3.10
  • (2)
  • (8)
  • (13)
  • (7)
  • (1)
  • 112人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022737298

作品紹介

【文学/日本文学評論随筆その他】AI時代を生き残るには、あなたが「理系脳」であるかどうかにかかっている! 仮説検証を行い、挫折もものともせずに未来を面白がる。これが成毛流・理系脳の定義だ。「文系出身で……」と負い目がある人でも身につく、シンプルな習慣とは。

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <目次>
    はじめに
    第1章  理系脳だけが生き残る時代
    第2章  なぜお金持ちは理系脳なのか?
    第3章  1秒もムダにしない理系脳の思考法
    第4章  好かれようとするな!~理系脳的コミュニケーション術
    第5章  理系脳をみがくライフスタイル
    第6章  理系脳はいつも未来を夢見る

    <内容>
    著者の言う「理系脳」は、ものごとに柔軟に対処でき、過去よりも未来志向であり、外見よりも中身勝負で、人とは違う見方のできる人のこと。あえて「理系脳」と名付ける必要もない気がするし、「文系」の定義がひどすぎる。だが、言っていることはほかの人も言っているように正論だ。

  • 理系脳 新しいものに興味がある、変化が好き 刹那主義で未来志向 コミットの範囲が明確 コミュニケーションが合理的

    マーク・ザッカーバーグ エンダーのゲーム

    ビルゲイツ 結果が悪くてもそのプロセスでベストを尽くしたのならばそれでいいといっていた

    ベストを尽くして失敗したら、その要因は周囲にしかない

    仮説と検証を繰り返す

    検証不可能なこともあると割り切る

    イミテーションゲーム

    上野にある国立科学博物館 子どもをつれていけ

    天体に興味がわけば、多摩六都科学館

    アプリFlightradar24 Marine Traffic ship positions

  • 読了。
    アウトプットを意識してインプットする。
    書評書くことを意識して本を読む

  • 知識がなくてもサラサラ読めるようなわかりやすい文章でした。これからどんな時代になっていくのかがわかりました。

  • 「2030年には、日本の労働人口の49%がAIやロボットに代替される。野村総研が2015年にまとめたこのレポートはあちこちで波紋を広げている。」これは読まねばと思ったので、珍しく新書を手に取りました。著者は毒舌で自信家でSTEM的な新しいもの好き、という自分の周りにいないタイプ。小説以外を読むときの読書の目的は「自分に足りないものを補うため」なので、これは貪るように読みました。STEAM(Science, Technology, Engineering, Art, Mathematics)については最新の情報を追いかけたいと思うようになりました。

    ちなみに理系脳の定義は、新しいものに興味があって、刹那主義で未来志向で、コミットの範囲が明確で、コミュニケーションが合理的。理系脳でクリエイティブな仕事が出来ればAIに仕事を奪われる可能性が低いとのこと。

  • すぐ読める内容と量であり、どの年代も読むべき本だと思いました。2割ほど、同意できない部分がありました。ネットにある一般人が書いた意見は参考にならないとありました。正しい情報を知るために、一次論文を読むと言っておられますが、1)その専門でもない限り論文を読むのは一般人にとって容易ではない、2)最新の論文は、英語論文が多い、3)論文は情報量が多く求めているものにすぐ辿りつくには時間がかかる、などの理由でこの意見に対し私は反対です。いくら研究に精通している人でも、専門分野外のことでサクッと調べたいときはネットの情報でも良いのでは?と思いますがそこも否定されておられました。
    しばしば、経済学に出てくるホモエコノミクス/イーコンのような人間≈理系脳 のような表現があり、その部分は好きではないです。

  •  理系というよりは、今の時代で頭がいいとはどいういうことかという本。ツンデレが最強らしい(笑)

  • 著者特有の上から口調(本人は「理論的で無駄のない理系トーク」のつもりなのでしょうが)が炸裂。
    おっしゃっていることは正しいとは思うけど、内容薄くない?具体的にどうすれば理系脳になれるのか、理系脳になるとどういうメリットがあるのか、もうちょっと踏み込んでもいいのでは?
    こういう薄っぺらい本を出して、余計に、出版業界の価値を下げないでいただきたい。。

  • この本を手に取った時点で、文系脳という判定になるのかもしれないと思った。

  • 最初はむっとするようなことが書かれているけど、それを乗り越えると得るものが多い本かな、と思いました。

全10件中 1 - 10件を表示

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)のその他の作品

成毛眞の作品

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)はこんな本です

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする