底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.55
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022737359

作品紹介・あらすじ

【社会科学/社会】今の日本で繰り広げられているのは「下流に転落しないための競争」である。著者による『パラサイト・シングルの時代』(ちくま新書)から約20年。アラフォーになったパラサイト・シングルの実情を通し、格差社会の過酷な現実を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  中年パラサイト・シングル。親同居・未婚・アラフォー。
     この存在を中心に、そこに至る時代背景や過程、そして今後の見通しを整理している。彼ら彼女らが下へ流れて底辺に至るという状況説明がなされる。そのような人たちが増えているのが今日の日本社会だという。
     彼らは一見豊かに見えるが、実は結婚せずに子育てをしないことで得ている豊かさでしかなく、少子高齢化につながり、経済が行き詰まるという見通しをベースに議論が展開される。就業格差と家庭格差が固定化しがちな社会環境において、それを自己責任だと非難してみても、100人の人間がいてそれが何十人という社会になると、自己責任論は的を得た議論にならないだろう。
     低所得の中年パラサイト・シングルは、既にある一定の社会階層を成すグループとなった。社会的なコストだと非難してみても何も始まらない。
     後半部分での著者の問いかけにあるように、現在の社会システムに適合しないのであれば、それにかわるものを作り出すしかない。あきらめ始める人たちが登場してきている。高齢者シェアハウス、他人と一緒に同じ場所で暮らしていく、こうした何か別の道が必要なのではないかという問いかけがあっていいだろう。
     ところで、日本の社会問題を論ずるところで、「結婚」が持つ役割・機能の大きさには驚くべきものがある。幸せな結婚をしたいというような個人の感情を大きく超える、そんなものではとてもすまされないものが、この「結婚」に含まれていることを自分なりによく理解するようになった。

  • 東2法経図・6F指定 361.8A/Y19t/Ishii

  • 現代日本をえぐるレポート3冊目は、山田昌弘さんが「希望格差」からさらに進んだ、底辺へと転落しやすくなってしまった現代社会を描いています。
    先の2冊とは違って克明に分析していますが、その冷徹さが救いのなさをあぶり出しているだけに深刻です。

  • 底辺への競争 中流生活を維持できるかの競争

    日本における下流 最低限の生活はできるけれども、生活を上昇させるような機会がない状態

    50代は底辺への競争をしなくて済んだ最後の世代

    中年パラサイト・シングルの3-4割が非正規雇用

    40代未婚率3割

    日本型リスク社会は挽回不可能型社会

    多様性とリスクが大嫌いな現代日本人

    アラフォー 38-47 1970-1979埋めれ 団塊ジュニア
    3人に一人が配偶者無しで老後を迎える

    親の老後資金が子どもの学費に消える

    世界の先進国の中で、日本が大量の人が下降移動する最初の国に成るのではないか 多くの先進国はもともと階級社会

    日本にも分断された階層が誕生する

    就活、婚活をあきらめるという選択

    今の20代の親世代 壊れている親が増えている

    1970-79年生まれのアラフォー世才は、23年後の2040年に61-70歳代になる。そのときの高齢化率は30数%と予測されている。
    日本における格差社会がほぼ完成する

    親兄弟をのぞく家族がいない人の割合が40%以上
    つまり5人に二人はシングルでかつ子どもがいない、家族のいない高齢者になる

    2015年の61-70歳の未婚率は10%、女性5%ただしこの世代の高齢者は兄弟が3-4人いる。その御蔭で兄弟が元気だったり、おい、めいと親しい割合が高い。親戚という枠組みでいえば、家族的に孤立することは少ない

    要するにいまのアラフォーが高齢者になる2040年には、だれも頼れる家族のいない高齢者が大幅に増えてくる

    対策 家族の形をゆるめる ヨコの線、タテの線

  • 如何にして中流社会が壊れて、下流に転がっていくか。望めば正社員になれる希望があった1990年代、バブル崩壊で正社員が狭い門になった2000年代。正規であることと非正規であることが格差の象徴の様に感じられました。

    興味深かったのがパラサイトシングル。十分な年金を貰う親と同居することで目立つことのなかった貧困の問題。親が亡くなり、また介護の問題などで一気に生活が苦しくなる。そんな状況であれば、結婚して新しい家族を作ろうと言う気持ちにもなれないかもしれない。

    昔、この国にはなんでもあった。希望だけを除いては。しかし、何かを手にするにも年々ハードルがあがっている様にも感じてならない。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

山田 昌弘(ヤマダ マサヒロ)

1957年、東京生まれ。1981年、東京大学文学部卒。
1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学。コピーライターとしても定評がある。
NPO全国地域結婚支援センター理事

【著書】
『パラサイト・シングルの時代』『希望格差社会』(ともに筑摩書房)、『新平等社会』『ここがおかしい日本の社会保障』(ともに文藝春秋)、『迷走する家族』(有斐閣)、『「家族」難民』(朝日新聞出版)などがある。

【公職】
•内閣府 男女共同参画会議・民間議員
•文部科学省 子どもの徳育に関する懇談会・委員
•社会生産性本部 ワーク・ライフ・バランス推進会議・委員
•厚生省 人口問題審議会・専門委員
•経済企画庁 国民生活審議会・特別委員
•参議院 調査室・客員研究員
•東京都 青少年協議会・委員
•同 児童福祉審議会・委員
•内閣府 国民生活審議会・委員
などを歴任。

「2016年 『結婚クライシス 中流転落不安』 で使われていた紹介文から引用しています。」

底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)のその他の作品

山田昌弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする