漂流女子 ――にんしんSOS東京の相談現場からー― (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.44
  • (2)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 57
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022737373

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】誰にも言えない妊娠を相談する窓口にんしんSOS東京。そこに寄せられるSOSは、ほとんどが若年妊婦からだ。虐待を受けた者、風俗から抜け出せない者、SNSで出会いを求める者。孤独な若者が抱える現代社会の闇を浮き彫りにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出会い系SNSには悪い大人(主に男性)が紛れ込んでいる。
    多感な十代、中には小学生を食い物にしようとしている者たちが。
    一般的には、家族がそういった大人たちから子供のみを守る砦になるはずだが、「優しい大人」に縋らざるを得ない子供たちも、確かに存在する。
    そして彼女たちは望まぬ妊娠、中絶を繰り返し、さらに苦しい境遇に置かれてしまうのだ。

    そんな少女たちに対して、自己責任、の一言で片付けて良いものだろうか。
    妊娠させた大人、男性たちは何の責任も負わずに逃げおおせるのに。
    少女の言葉、
    「死にたいけど死ねないから、誰かに殺してほしいと思うの」
    「これで1人で死ななくてもすむって思ったんだよね」
    どうしてこの言葉を無視などできるだろう!

    腹がたつのは既婚者との間に子供を作ってしまったケースだ。
    確かに不倫は「悪いこと」だ。
    しかし片方だけが悪いわけではない。
    妊娠した女性に対し、「君の将来のことを考えたら、産まないほうがいいんじゃない?」(122頁)とは!
    まるで他人事で、自分には非はなく、勝手に女が子供を宿しちまった、とでも?
    机に拳を叩きつけたくなる。
    中絶は心も体も傷つくのだ、どんなに心は割り切ったとしても。
    中絶後後遺症症候群という症状を甘くみるべきではない。

    人には事情がある。
    その事情は、幼さゆえの無知や見通しの甘さであったり、家族に恵まれなかったり、障害があったり、実に様々だ。
    それをまとめて自己責任と言ってのけることは容易いが、それで何かが解決すると言うのだろうか?
    日本には子供は社会で育てるもの、と言う世界標準の考えから著しく遅れている。
    家族の形は様々なのに、ありもしない「普通」を目指して皆が苦しんでいる。
    多様性がこれだけ叫ばれている今、転換すべきは「普通」の概念なのだ。

  • ソーシャルワークの児童分野の取りかかりに。
    虐待、性風俗産業、不倫、モラハラなどにんしんSOSを利用する女性の背景は様々。
    ネットから探せる、繋がれるという展開は既存の相談機関にはない良さではないかと思う。
    どんな状況のクライエントを受け止める相談支援員の受容が素晴らしいと思った。

  • 367.21

  • もっと若い層がにんしんSOSを利用しているのかと思っていたが、30代以上が多いのに驚いた。

  • 女の悲しいことの一つ。

  • 想像できない人生を垣間見た。

  • 小学校の同級生による著書、ということで買って読んでみました。

    まえがき(はじめに)に書かれた
       私たちは、すべての命に付き添います。
       産む、産まない。
       育てる、育てない。
       すべてに、付き添います。
    が、この本のすべてを表しているように思います。

    この本全体を通じて、著者であるかおりさんの(そしておそらくは、にんしんSOS東京のメンバーのみなさんの)、「ひとのいのちに対する思い」をひしひしと感じました。
     ※「ひと」も「いのち」も、あえてひらがなにしました。

    一つでも多くの命が、より幸せになれるように、かおりさんたちの活動を応援しています。

  • 思いがけず妊娠をし、相談先を探しながら孤立している「漂流女子」。
    どのような背景があるにしろ、彼女たちの戸惑いを受け止め、その人自身が納得して道を選択できるように、様々な関係機関と連携しサポートをする相談支援窓口、にんしんSOS東京さんの活動がわかる本。

    助産師として働いていて、身近におられる方々の背景が慮れるとても興味深い内容だった。
    前の職場で、飛び込み分娩でポロンと出産した女性が、「妊娠していることに気づかなかった」と主張し続け、子どもは乳児院へ入るという出来事があった。衝撃だった。親の身勝手に憤りを感じたが、それでも病院へ来ただけましだったのかもしれない、と今でこそ思う。

    気になるのは、妊娠はひとりではできない。必ず相手がいるはずなのに、漂流するのは女子だけだという事実。中絶も、たった一人で痛みに耐えて帰っていく女性も多い。

    ニュースで目にする、ひとりで陣痛に耐えて赤ちゃんを産んで、遺棄する少女の気持ちを考えると、涙が出てくる。それでも、幸せの象徴のように世間ではもてはやされている妊娠・出産だからこそ、そこに反する自分の状態に対して、誰にも言えない、と思ってしまう彼女たちの気持ちもわからなくもないのが悔しい。

    そして、この本にも何度も出て来た「狭間」ということば。
    19歳という年齢は制度の狭間に取り残される。18歳未満適用の児童福祉法からは漏れるが、未成年であるため親権者の同意なしには動けない。
    また、警察も児童相談所も動けない、制度の「狭間」を担うにんしんSOSさんの活動には頭が下がる思いがした。

    お役所仕事では支えきれない、狭間をぽろぽろとこぼれ落ちている少女たちがいる。誰にも相談できずに、匿名性だからこそようやく吐き出せる思い。「一緒に死にましょう」ではなく、「生きていく」ためのSOS。本当に気が遠くなるほど重みがあるけれど、素晴らしい活動。

  • 著:中島かおり

    これは“妊娠SOS東京”というNPOの記録です。
    交代で一定時間電話番をし、相手の話に耳を傾ける……。
    ネットと電話、という見えない頼りない糸で、いろんな女の人たちが、ときには男性までもがかろうじて繋がっていく……。
    あくまでも主体は当事者……。
    必要な情報は提供し、当事者がどうしたいのか、に耳を傾け、当事者が決めたことに従い、必要なことはヘルプする……というここのやりかたはスウェーデン方式そのものです。
    こんなとこにあったよ、スウェーデン……。
    でも
    一見豊かに見える東京で、誰にとっても、
    子どもを生んで育てることがいかに難しいか、よくわかるよ。
    少子化が大変?
    “生まない”のではなく、生める環境にないから
    “生めない”
    んだよ、ってわかっていってんのかな。
    文章がわかりやすくあたたかく読みやすく、
    中学生でも読める内容だと思います。
    女子だけでなくこれは男子の問題でもあるでしょう。
    ぜひ 中学、高校には入れてください。

    2017/11/15 更新

  • <目次>
    はじめに
    第1章  居場所を探し続けて~10代で2回妊娠した少女
    第2章  相手は「SNSで出会った大人」
    第3章  生風俗業の女性たちの決断~父親は誰でも「私の子」
    第4章  「誰にも言わず、1人で赤ちゃんを産みました」
    第5章  既婚者の子を産むということ
    第6章  結婚したい女性、したくない男性~「産まないあ選択」にある背景
    第7章  中絶、心はどうなるか?
    第8章  産んでも育てられない社会
    第9章  浮かび上がる日本の課題

    <内容>
    日本はつくづく人間にやさしくない社会だ。男も女も(特に男が)形を気にする。体面や従来の慣習を引っ張りすぎる。現実のはざまに嵌まってしまった女性を救おうとしない。読んでいてとても哀しくなった…

全11件中 1 - 10件を表示

漂流女子 ――にんしんSOS東京の相談現場からー― (朝日新書)のその他の作品

中島かおりの作品

漂流女子 ――にんしんSOS東京の相談現場からー― (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする