中高年シングルが日本を動かす 人口激減社会の消費と行動 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022737410

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】中高年の単身世帯が増え続ける日本。人口が激減するなか、団塊ジュニア世代の「中高年シングル」の消費動向は、トレンドをつかむうえで欠かせない。ライフスタイルはどのように変わるのか。消費社会マーケティングの第一人者が提言。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三浦展 著「中高年シングルが日本を動かす」、2017.11発行です。日本のこれからの消費活動を探った書でしょうか。ヤング(34歳以下)、ミドル(35~59歳)、シニア(60歳以上)の志向が面白かったです。男性ヤングは料理男子、車乗らず、旅行せず、外に出ない、清潔志向(主婦化、中年化、女性化)女性ヤングは外交的で外食、飲酒(酒のみ女子、DIY女子、一人旅女子)。男性ミドルは健康志向で車買わずペット飼う。女性ミドルは男性より金を使う。ファッションより睡眠、服よりペット。男性シニアは車と腕時計、女性シニアも車。

  • 統計をもとに各世代のシングルの消費について書かれています。
    実態レポートもあり軽く読めました。

  • データを元に、解説しているんだけど、非常に面白かった。見せかけの相関に騙されてしまわないように。大手広告代理店の方が書いた記事への反論に納得。反事実などを考えながら、データに基づいた政策、施策を。因果関係に見せてしまう第三の原因にも注意を!74歳まで働くためにも、セルフケア社会が始まっている、多様な幸福観がやっと浸透してきた、ということが書かれていて、それもちょっと嬉しかった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

社会デザイン研究家

「2016年 『あなたにいちばん似合う街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦展の作品

ツイートする