児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.79
  • (2)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 62
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022737434

作品紹介・あらすじ

【社会科学/社会】年間10万件を突破し、今なお児童虐待は増え続けている。困窮の中で孤立した家族が営む、救いのない生活。そこで失われていく幼い命を、なぜ私たちの社会は救うことができないのか? 日本社会の家族規範の変容を追いながら、悲劇を防ぐ手だてを模索する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 事例として出てくる事件については、もっと詳しい本も読んでいたが、著者独自の視点でシングルファザーやシングルマザーに大きく心を寄せる。部屋に閉じ込めパンを与えて死なせた父親に対して、家の恥を外に出さなかった家庭環境や一人で仕事と両立しようとした心理状況など、人を陪審するときにはここまで心を寄せなくてはいけないのだと身が引き締まった。
    仕事満州開拓民の話まで相当ページをさいて引き合いに出し、追い込まれる親の心境、国家や社会が子供の成長に責任を持つことの重要さを説く。中盤、著者の子供も長らく不登校だったことがわかる。

  • 里親制度については、新しい情報として受け取れるけれど、他部分については、今までの著書の抜粋という感じ。

  • 子供を思い通りにできると思う「所有感」
    裏を返せば思い通りにならないと苛立つ。
    ハッとさせられます。
    娘にも息子にも所有感は感じます。
    でも強さが違うような気がする。
    娘は早くに自立したので同じフォローでも息子のフォローとは違うように思います。
    同じ塾の送り迎えでも娘の場合は主体が娘。
    頼まれてから動きます。
    しかし息子の場合は頼まれるより先に自分で動いてるような感じです。

    虐待する親もそんな感じなんでしょうね。
    親にもハンデがあれば余裕がなくなって。
    例えば
    子供時代に発見されなかった障害があったり
    虐待があったり
    シングルやったり
    けっこう子供に暴力が向かうリスクは身近なところにあるんですよね。

    僕が司法試験受験しようと思ったのは福祉の限界を感じて法律の知識をそんな家庭に届けたいと思ったから
    法曹を断念してからは今の僕にできる範囲でがんばろと思ってます。

  • 【遅ればせながら読みました】

    虐待をした親、とされた方々に「生真面目さ」がある、というところには強く共感しました。自分の仕事を振り返るいい機会になりました。
    「新しい社会的養育のビジョン」について解説されていました。里親委託の件が波紋を広げているところです。たしかに里親さんもいろいろで、私も病院時代に里親さんの虐待事案に複数接し、通告してきました。それもこれも成功の鍵を握るのは「自治体の正規の職員として、専門職を置けるかどうかが重要だと思います」とあります。全くその通りで、ソーシャルワーカーがきちんと専門職として正規に採用され、きちんと能力を高めつつその力を発揮できる環境が整えば「新ビジョン」なんてそんな難しいことでもない、と感じています。
    どの事案にも丁寧に情報を集められ、それを紡いでいった本書は、子ども家庭相談に携わる者として必読だと感じました。

全4件中 1 - 4件を表示

児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書)のその他の作品

杉山春の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今村夏子
伊藤 詩織
三浦 しをん
朝井 リョウ
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする