聖刻1092東方 壱 (ソノラマノベルス)

著者 : 千葉暁
制作 : 武半 慎吾  草なぎ 琢仁 
  • 朝日新聞出版 (2007年11月7日発売)
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022738196

作品紹介

ダム・ダーラとの死闘を制したフェン、クリシュナ、ガルン、ジュレの四人は、新たなる"八の聖刻"を求めて、「魔道の統べる地」と噂される東方へと旅立った。ラドウ殺害犯の汚名を着せられて追われる身となったガルンにとって、故郷の東方は今や敵地であり、新法王ネーザの野望により、動乱の予兆に満ちた危険な地でもあった。旧文庫版に加筆修正を施し、新たに書き下ろし短編を加えて再構成した完全版東方編、刊行開始。

聖刻1092東方 壱 (ソノラマノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第一部で話を大きくして、舞台は東方へ。とりあえず主人公のやる気待ちのインターバルというところでしょうか。新たな登場人物も多数登場しての、東方編序章という感じ。それにしても、このシリーズ、こんなに面白いのに読んでる人が少なすぎるのが哀しいですね。

  • 東方へ向け旅する一行。

全2件中 1 - 2件を表示

千葉暁の作品

聖刻1092東方 壱 (ソノラマノベルス)はこんな本です

ツイートする