星虫年代記 2 鵺姫真話/鵺姫序翔/鵺姫異聞 (朝日ノベルズ)

著者 :
制作 : えむかみ 
  • 朝日新聞出版
3.75
  • (2)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (637ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022739155

作品紹介・あらすじ

姫森神社の御神木に宿る『鵺姫様』は、25年の寿命と引き換えにどんな願いも叶えてくれるという。そんな姫森神社の境内で、高校生の川崎純は小学生の男の子が巨大な空飛ぶ生首に追いかけられているのを目撃する。その生首は、まさに絵巻物に描かれている鵺姫そのもの。果たして少年は、何を鵺姫に願ったのか?"星虫シリーズ"の『鵺姫真話』と『鵺姫異聞』に、書き下ろし新作100枚を加えた完全版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  読み始めるのに「星虫」を読み返さないと分からなかったw
     というくらい唐突。

     そして鵺姫関連いいなぁ。きっついが好きだ。愛されすぎている純も可愛らしい。

  • 2009.5.30.初、並、帯なし
    2013.1.16.伊勢BF

  • コレも前のと同じく、内容だけなら星5確定というか、それ以上。
    鵺姫序翔がはいって、真話と異聞の繋がりが重なってるところとかも気に入ってるし、前の星虫イーシャの船との繋がりも更に強くなってるし。
    まあ、エア木刀ってのは流石にどうかと思わないでも無いとか、所々首傾げるところが無いわけでもないけど。

    で、コレが3なのも、星虫年代記1と同じく、絵師が最悪。
    むしろ、こっちの方がヒドい。
    鵺姫真話で、まさるが戻ったときの挿絵、まさる小学生なのに同じ絵に描かれる少女はまだ一歳になるかならずの赤ん坊なのに、まさるが高校生で少女が4~5歳くらいに。
    鵺姫異聞にしても、最初で出てくる鬼が、ざんばら髪で角を生やした凶悪な面相の”鬼”と本文で書かれてるのに、主人公がその姿に思わず失神するほど生々しい鬼だって言うのに、何でただの大型ロボット兵器みたいな絵になってるわけ?

    イラスト無しの方が億倍良かった

全3件中 1 - 3件を表示

岩本隆雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする