夢であいましょう (朝日ノベルズ)

  • 39人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 赤川次郎
制作 : 井上 あきむ 
  • 朝日新聞出版 (2010年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022739254

作品紹介

28歳のOL、浜田佑香がいつものように泥酔した翌朝、目が覚めると心はそのままに見ず知らずの小学6年生の今野あやめになっていた!!仕方なく今野あやめとして「自宅」へ帰り、小学生生活を始めるも、学校に入った泥棒とまちがえられた同級生があやめを頼りにしていたり、18歳の姉は年上の彼氏と駆け落ちしようとするし…。こんなに問題山積みなのに、どうやったら元に戻れるの-。

夢であいましょう (朝日ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よくある入れ替わりかと思いきや、夢だったという不思議な話。小学生のあやめになってしまった主人公が現実を受け入れるのが早すぎ!もっと途方にくれたり混乱したりこれからどうしようって仕事のこととか心配したりするもんじゃないのかな。とはいえ、それでは話が進まないのでこれでいいのかも。子供向けなので読みやすく、面白かった。普通は元の自分に戻る方法を考えたり心配したりするものだが、自分のことで悩む描写は見られず、姉やあやめの友達の心配をしたり問題を解決するために奔走したり行動的で前向きで人がいい性格の主人公が好き。

  • 【あらすじ】
    佑香は28歳のバリバリ働くOL。いつものように泥酔して起きた朝、見ず知らずの小学6年生「今野あやめ」になっていた。仕方なく小学校へ通いだすも次から次へと問題がいっぱいで…。学校と会社の謎を解くユーモアミステリー。

    【感想】

  • 28歳のOL、浜田佑香がいつものように泥酔した翌朝、目が覚めると心はそのままに見ず知らずの小学6年生の今野あやめになっていた!!
    仕方なく今野あやめとして「自宅」へ帰り、小学生生活を始めるも、学校に入った泥棒とまちがえられた同級生があやめを頼りにしていたり、18歳の姉は年上の彼氏と駆け落ちしようとするし…。
    こんなに問題山積みなのに、どうやったら元に戻れるの―。
    (アマゾンより引用)

    面白かった(*´∀`*)
    そう来たか!!って内容で、スラスラと読めた♪

  • ある日突然OLと小学生の体が入れ替わる。軽快かつ繊細なテンポが良かったです。

  • 意味のあった入れ替わり。入れ替わった未来では、その家庭の問題を解決して、元に戻った現代では、入れ替わりの経験を活かす。一気に読みました。いきなり、あんな大人びた子供になったら、みんなびっくりよね(笑)もしも、実際に未来が見えたら。。それは、有効に使えるだけでなく、どうしようもない虚無感にも苛まれるのではないだろうか?と、読み終わった後に今の自分の事に照らし合わせると思ってしまいますが。

  • 赤川次郎の実験的小説として、傑作に入ると感じた。

    20過ぎの女性が、ホテルで目が覚めたら、小学6年生の子供になっていた。

    名前と住所を頼りに、その家にいき、その子供として生活する。

    最後になって、その家の父親が、同じ会社の人事担当だと分かる。
    しかも、眠ったときの2年後に飛んでいたことも分かる。

    自分自身にも出会い、ある衝撃で2年前に戻る。

    子供の父親にあい、その子にもあう。

    そこで自分の経験したことに基づいて、
    その子が自分がしたように行動できるように知恵をさずける。

    すばらしい、この筋書きを借りた小説を書きたくなってしまいました。
    赤川次郎先生の了解が欲しい。

  • 28歳のベテランOL佑香は飲み会で酔っ払ってビジネスホテル泊する羽目になる。
    翌朝、二日酔いもなく目覚めると、鏡の中の自分は見知らぬ小学生の女の子の姿になっていた。仕方なく小学生の「今野あやめ」として生活することになるが…。

    「転校生」みたいな入れ替わりものかと思ったら、佑香があやめに成り代わり事件やトラブルを解決していくストーリーだった。
    一種のタイムスリップもののようなパラレルワールドもののような。
    あやめ(佑香)の遅刻の言い訳がツボに入って笑わせてもらった。

  • これは赤川次郎さんの作品です。
    あまりおもしろい本ではありませんでした。
    興味がある人はぜひ、読んでみてください。

全8件中 1 - 8件を表示

夢であいましょう (朝日ノベルズ)のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
赤川 次郎
赤川 次郎
赤川 次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

夢であいましょう (朝日ノベルズ)はこんな本です

ツイートする