それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ[完全版]4 (朝日ノベルズ)

著者 : 庄司卓
制作 : 赤石沢 貴士 
  • 朝日新聞出版 (2011年4月20日発売)
3.93
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022739636

作品紹介

『オールドタイマー』が残した殻付きブラックホール『エッグ1』の爆発に巻き込まれた洋子は、気がつくと見知らぬ場所に立っていた。そこはまるで歴史ある図書館のように、無数の書棚が埋めつくす空間。自分の置かれている状況に混乱する洋子が「大丈夫よ」という声に振り返ると、そこには大人びた顔つきをした七〜八歳ぐらいの女の子の姿があって-!?謎が謎を呼ぶ、急展開の第4巻。

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ[完全版]4 (朝日ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話的に真ん中辺り…と後書きに書いてあったけど、12巻まであるんだがなぁ。
    完全版の出る前の真ん中なんだろうか。ラビリンスの後半とシンクロシステムが出てくるんだからそんなもんかな。

  • 文化祭もあっていつもより日常分多め。レッドスナッパーズとの絡みが本格的に増えてきて楽しい

  • 改めて読み返すと、やはりここまでが序章。ここからが本番って感じ。

    スクランブルエッグ宙域で戦闘していた洋子たち。
    突如としてニュートロニウムの殻を吹き飛ばした『エッグ1』。その中から現れたのはカー=メトリック・ブラックホール、そしてミラーラビリンス。
    超重力に捕まり脱出不能の洋子たちとシルヴィー。

    まどか、綾乃、紅葉の無事は確認できたが、洋子からの返事はない。
    TA-29によると眠っているという回答が──。

    1万年以上昔に銀河を支配したオールドタイマーとは何なのか。
    洋子を中心に物事は動き始める。

    さて。

    今回は『時計仕掛けのラビリンス』(本編)とともに、opt.シリーズの『寂しがりやのブロッサム』が収録されています。

    いよいよ、私立東綾瀬高校の文化祭のお話。
    日常の洋子が垣間見られて、個人的に結構好きな話です。一生懸命に走り続ける洋子が、ちょっと羨ましかったりします。

    SYSOPによると、この辺でストーリーは折り返し地点とのこと。
    全然そんな気がしないんだけどなぁ。
    最初にも書いたように、ようやく始まったところかなぁ?と。

    そう思ってファンタジア文庫の既刊を確認すると、本編だけを数えると、確かに折り返しなんですね(笑)
    実際はopt.もあるから、“ここまで”よりも“これから”の方がボリュームあるので、そういう考え方の違いでしょうかね。

    やっぱり、CHATのページが短いよなぁって思う今日この頃。
    2段組で4ページくらい無理ですか?(笑)>SYSOP

全3件中 1 - 3件を表示

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ[完全版]4 (朝日ノベルズ)のその他の作品

庄司卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ[完全版]4 (朝日ノベルズ)はこんな本です

ツイートする