天海の秘宝 上 (朝日ノベルズ)

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022739872

作品紹介・あらすじ

時は安永、所は江戸。夜の両国橋に「宮本武蔵」と名乗る奇怪な辻斬りが現われ、街には凶悪な強盗団が跳梁。さらには人の言葉をしゃべる黒い犬が、街中で武士を噛み殺すという事件が起きた。本所深川に居を構え、子供たちに慕われ、平穏な日々を送ろうとしていた、からくり師・堀河吉右衛門、この怪異を知るに及び、親友の天才剣士とともに真相究明に立ち上がることになった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色々と、中途半端な感じがしました。天海そのものを題材に書いて欲しいなぁ。

    下巻に期待。

  • 2012/9/14購入
    2014/6/28読了

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2018年 『バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天海の秘宝 上 (朝日ノベルズ)のその他の作品

夢枕獏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする