大東亜の矛 (朝日ノベルズ)

著者 : 林譲治
制作 : 鈴木康士 
  • 朝日新聞出版 (2012年9月20日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022739957

大東亜の矛 (朝日ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み始めは違和感を感じて読むのやめようかと思ったんだけど、よく考えると朝日ノベルズなんでラノベじゃないか!
    という事で頭を切り替えてから読んだ。
    すると面白く読めるんだから変なもんだ。

    ちなみに、尺貫法の空母?ありえんなどと思うわけだが、未だにフィートポンドで世界一の軍事大国が存在する事を考えるとそう変でもないかと。

  •  高性能空母を二隻「拾った」ことから始まる逆転の物語であるが、超兵器をもたらした側ともたらされた側との文化的な衝突が軸になっているところが面白かった。戦記である以上、戦場を描く必要はあるのだが、もう少し文化的衝突の側に比重をおいても良かったのではないかと思う。この中で登場する「倭国」という設定は非常に魅力的だった。少々中途半端な終わり方だったのが残念だが、シリーズ化を前提としての終わり方であると期待したい。

全2件中 1 - 2件を表示

大東亜の矛 (朝日ノベルズ)のその他の作品

林譲治の作品

大東亜の矛 (朝日ノベルズ)はこんな本です

大東亜の矛 (朝日ノベルズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする