ミニスカ宇宙海賊9 無法の御免状 (朝日ノベルズ)

著者 :
制作 : 松本 規之 
  • 朝日新聞出版
4.12
  • (9)
  • (20)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022739964

作品紹介・あらすじ

救難信号の発信源を追う茉莉香たちは、所属不明の艦に襲われる輸送船を発見する。謎の艦の猛攻から逃れる事に成功するが、海明星に帰った茉莉香を待っていたのは、弁天丸の輸送船襲撃容疑と、帝国による指名手配だった!?転々と居場所を変えながら真実を探る弁天丸クルーは、海賊の自由を守れるか。帝国軍の食えないやつらに、美少女海賊のドレス姿も登場のシリーズ第9弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちあきちゃんのドレス、アニメでみたいわい!ー

  •  次巻に続くのかと思ったら一冊で決着ついた。グリューエルは今回も万能。

  • なんかもー、ラブラブじゃないか。
    このラブラブっぷりをできることなら動いてるところ観てみたいが、縦ロールないし・・・前髪パッツンだし・・・

  • 積読処理週間による三冊一気読み。

    ケンジョーのハロルド・ロイドのショウさんへの一言、

    「おまえさん、実在してたのか。」

    に激しく共感(笑)。

    生きている人間とは思ってなかった…(笑)。

  • こんな取調べありえねー。
    それより、なんで海賊船のクルーが実態を知ってるんだ?
    そんなに有名なのか>取調べ

    とまあ、いつもの地味目な話でした。
    クライマックスはさすがにちと派手ではありましたが。

    最後に突然出てきた行方不明だった海賊船の立ち位置がわからんかったけど・・・
    捜査に協力でもしてたかな?

  •  何者かに濡れ衣を着せられて…と紹介文を見た時は、主人公達が窮地に陥る鬱展開を予想したのですが、実際に読めばお姫様達とのパーティに、くわせ者な良キャラ軍人さんとの腹のさぐりあい化かしあい、今までで一番楽しいエピソードでした。アニメが映画化されるそうで、この巻がその下敷きになればいいのに。(ヨット部の皆さんは出てないけど、そこはいくらでもどうにでも)
     序盤にちょこっとだけ登場した校長先生教頭先生も、ものの分かった人達でした。

     行方不明になっていた海賊船だけ、最後意味がわかんなかったんですけど…まあいいか。きっと身をひそめてどっかから見てたんですね。うん。

  • 今回は茉莉香が特に可愛いw
    「ほんとーに大丈夫なの!?」

  • 弁天丸が罠にはめられて帝国艦隊に海賊指定されちゃったんだけど、それをなんとか解除させたって話。
    戦争をデザインする企業体ね。あっちこっちでそんな話はあるけど、業界大手じゃないのが集まって…ってのは少ないか。

    セレニティで整備したのに恒星直上に二度もタッチダウンでかなりダメージうけたんではないだろうか (^^;;;

  • 読み始めるとき目次を見て大分びびりました。

全9件中 1 - 9件を表示

ミニスカ宇宙海賊9 無法の御免状 (朝日ノベルズ)のその他の作品

笹本祐一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ミニスカ宇宙海賊9 無法の御免状 (朝日ノベルズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする