世界を舞台に仕事がしたい。―就職の基本がわかる 2 (Aera mook―就職の基本がわかる)

  • 朝日新聞社
3.30
  • (2)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022741530

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やはりこのような海外で活躍する人の話は興味深くて面白い。彼らに負けないように自分も頑張ろうと奮い立たせられる。

  • ↓にある「就職の基本がわかる」のシリーズ。商社とか海外を舞台にする仕事について書かれてます。まあ俺は特に海外で活躍したいとは思ってないんですが、色々な職業を見るということで読んでみました。ほとんどの会社は海外と関わってるしね。あと外資とかについても書いてあったんで。詳しい内容は、商社マンや海外現地で仕事してるメーカの営業さんのお話なんかと、就活全般に対するアドバイスみたいなもん。まあありがちな内容。この中で強調されてたのは、英語はできるにこしたことはないけど、入社の段階では重視しないということ。むしろそれだけではだめ。まあ当たり前ですね。英語はツールだから。でも、できるにこしたことはないってのも当たり前なんだよね〜。「世界を舞台に仕事がしたい」人が読んだらもっとためになるのかな。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2005年朝日新聞社入社。総合プロデュース室・メディアディレクター。
週刊朝日記者として教育系記事等の執筆を担当した後、データ ベース事業部でデジタル商品企画開発に従事する。その後、新規事業部門「メディアラボ」で子ども向け教育サービス「朝日こどもニュース」を立ち上げた。
朝日新聞社のグループ企業との連携によって、新聞業にこだわらない子ども向けサービス開発を担当している。
『はじめての論理国語』シリーズの制作に携わりながら、多数の子ども向けワークショップ講師を務める。


「2017年 『これからの論理国語 小1~小2レベル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする