AERA×Apple Love?Apple アップルはお好きですか (アエラムック)

  • 朝日新聞出版 (2011年6月29日発売)
3.61
  • (5)
  • (13)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :152
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022744395

AERA×Apple Love?Apple アップルはお好きですか (アエラムック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 広く浅くだが読みやすかった。

  • 結構、勉強になります。ビジネスで発揮するapple商品!効率UPにつながるいい記事でした。apple最高!!

  • 私の愛読紙であるAERAから出された、Appleに関する本をAmazonで偶然発見し、即購入。
    最近MacBook Airを買った事から、突如としてAppleに興味がわいたのだが、内容としては非常に勉強になった。
    Appleについて知りたいと思っている初心者には最適な本。

    Appleのアイデンティティと歴史、そしてスティーブ・ジョブズに関しての概要が学べる。
    なぜAppleはこうも人を惹付けるのか…その理由が少しわかった気がする。

    ジョブズのやりたいことは、単なるコンピューターを作る事ではなく、普通の人達が潜在的なクリエイティビティーを開花させられるような道具を作ること。
    その世界観に加えて、ユーザーエクスペリエンスやユーザーインターフェースといったものを徹底して追求。
    そして、他にはないスタイリッシュなデザイン。
    それらが合わさって、Appleの美学が生まれ、人々はそこに惹付けられるのだ。

    Appleの製品はただの製品ではないのだ。
    そこには美学や世界観といったものが含まれる。

    ジョブズの信念も理解できてよかった。
    「大好きな事をする」という言葉はどーんと胸に染みたけど。
    私は大好きなことをできているんだろうか。
    たぶん、世の中をみても仕事では出来ていない人が多くて、でもジョブズはそれを体現していてかつ途方もない成功を得ている…だから光輝くカリスマなんだろう。
    ジョブズの目はキラキラしていて、まったく淀んでいない。
    この年代の男性の目は多くが淀んでいるのに。

    最後に、なぜかMacを使うと仕事や授業が楽しくなるらしいが、現在私もそれを身をもって体感中。
    その裏には、ジョブズの製品に対するとてつもなく大きな思いがあるからなんだ。
    これからも、私はAppleという企業から目が話せそうもない。

  • 読みやすくてよかった。
    もちろん、APPLEは好きです。

  • ジョブズが亡くなる3ヶ月前に発行された特集本ですが、
    とてもいいです。
    綴じ込み付録「ビジネスに効く10の言葉」付

  • ビジネス誌読者向けのApple本。適量で簡潔にAppleの魅力に触れてます。

  • ムックそのもの。ムック以上、ムック以下でもない。気軽に読んだ。

  • この本でますますAppleが好きになってしまいました。
    スティーブ・ジョブズさんの言葉に
    「AppleのDNAには技術だけでは十分ではないという考えが染みこんでいる」
    とあるが、それが十分理解できるものを提供している。
    自分にとっては、所有する喜びまでも感じている。
    今はiPadしか所有していないが、身の回りがApple化していくのは、
    そんなに遠くはないと思う。
    自分の周囲もそうなっていくだろう。

  • なかなか面白かったです。アエラ的なノリは好かんけどね。

  • p6,MacやiPhoneを愛するAppleファンの脳内には宗教信者の脳内に起きるのと似たような反応が起きていると英BBCのドキュメンタリー番組が伝えている。

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

AERA×Apple Love?Apple アップルはお好きですか (アエラムック)はこんな本です

AERA×Apple Love?Apple アップルはお好きですか (アエラムック)を本棚に登録しているひと

ツイートする