オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)

  • 朝日新聞出版
1.50
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022752970

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 博士のお面の謎が最後まで気になったが話しについては記憶に残りませんでした。

  • 鯛夢(おそらく大越孝太郎)の作画なので読む。山口敏太郎のストーリーはよくある話なのだが、作画で読める。

    よくある話、と感じてしまうのは、民俗学的なエピソードと、実話怪談がハンパに混ざってしまっているところだと思われる。

    たとえば、東京でも1メートル積雪、「川向こう」の考察などの取材部分は、興味深いのだが、史実にさらに踏み込むのでもなく、怪談としての語り口を魅せるのでもない。

    怪談の場合は「分からない感覚」を語るのが眼目であり、民俗学では史料や事実などを追いかけてゆくのがメインになる。本作の場合は「分からない感覚」を追うかわりに、史実にすこしかするかたちで半ば民俗学的に説明してしまうので、どっちつかずのように感じてしまう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1966年、徳島市生まれ。作家・妖怪研究家・超常現象研究家。妖怪サイト「妖怪王」を主宰。妖怪イベントなどのプロデュース業も精力的に行なっている。著書、テレビ出演等多数。

「2013年 『霊怪スポット 戦慄の最新ファイル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口敏太郎の作品

ツイートする