怪奇心霊語り光と闇のシャーマン編 (HONKOWAコミックス) (ほん怖コミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.20
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022753229

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 加門さん、相変わらずでした(笑) この辺りから「ののちゃん」がいるんですね。夜中に蠢く中華鍋の幽霊、怖ないわ! 拾い物(の怪)の「うずまき兄さん」が素直にお風呂を頂戴してたり、もう何でもあり。

    所縁のある寺社の間違った売込み方に対して怒りを買う日も近いんじゃないか、とか。ただある程度の財力が無ければそもそも寺社の存続が難しくなる訳で、やり方は大きく間違えてるけれど全否定も出来ないのが現状でしょうか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京都墨田区生まれ。美術館学芸員を経て、1992年『人丸調伏令』で作家デビュー。著作に、『うわさの神仏』『うわさの人物』『猫怪々』『霊能動物館』『怪談徒然草』『お祓い日和』『鍛える聖地』『怪談を書く怪談』『『大江戸魔方陣』など多数。

「2020年 『お咒い日和 その解説と実際』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加門七海の作品

ツイートする
×