怪談徒然草 (HONKOWAコミックス)

著者 : 加門七海 JET
  • 朝日新聞出版 (2015年2月6日発売)
4.00
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022758163

作品紹介

【芸術生活/コミック劇画】加門七海の実話心霊体験コミック集。60年に1度の出雲大社ご遷宮の晩、現地で何が起こっていたか!? 当日午前零時、加門氏は小雨降る中出雲大社拝殿前にいた。そこで感じたあまりにも巨大な存在とは!? 遷宮祭レポートをカラーフォトで収録。

怪談徒然草 (HONKOWAコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  Booklive!ですと、似たジャンルでオススメ、みたいなかたちでいくつか出てくるのですが、『リセット』シリーズなどで有名な山本まゆりさんの作品を見ていたらその中のレビューでこの作品が取り上げられており、興味を持ち購入しました。
     加門さんという方は霊能力者のようで、色々視えたり、触れたり、祓えたり、なんだり、できる方のようです。こういった出来事がありましたよ、っていうルポですね。
     メインは、出雲大社の遷座祭レポート。
     社には、物凄い大きく強いものが収まっているようだ、とか。
     日付が変わった瞬間の劇的な雰囲気のかわりよう、とか。
     出雲大社によって薄められたものが再度表に出てこようとするの六十年目で、それを阻止するために遷座祭がおこなわれまた薄められるのであろう、云々。

     その次は、目立たなくさせつつ完璧に隠すことのできない禍々しいものがそこらへんにひっそりとあって、開けて開けて、みたいに口を開けてニッコリしていたりするから、そういうのは、気をつけましょう、っていうお話。
     また、友人とともに山の上にあるお社に向かう際、その友人の友達も一緒に行くことになり、その人たちがオカルトかぶれというか、大騒ぎを繰り返す人たちで、なんかいろいろあって面倒ごとに巻き込まれたわ、やってらんねー、っていう愚痴を含めた漫画。

  • 怪談徒然草の加門七海体験談を漫画化。
    ということは、いずれ△屋敷の話もしてくれるのか…?

  •  小説家でエッセイストの加門七海さんがこれまで見聞きし、体験したことをJETさんに漫画化してもらった『怪談徒然草』シリーズ。特別編として六十年に一度の「出雲大社御遷宮」の取材模様を漫画化。加門さんがあの場で何を感じどう思ったかは本編を読んでもらうこととして、読んで私が思ったのは「大自然や災害を眼前にしたように、やっぱり“こういう場所”では、人の存在が卑小に感じるわ」
     その場で生活する人が自分以外の存在を考慮しないで思うままに場を改造した結果、悪い事が起きるとか、少なからず見聞きする話だし。それを知る術が現代に至るまでに断絶してしまっただけで、古代には彼らなりの知恵や創意工夫があったんでしょうねぇ。善悪はともかくとして、やっぱり“伝統”って大事なことだわ。

     また、今巻から『怪談徒然草 (角川ホラー文庫)』で記された体験談を中心に話は展開されるそうで。
     別に限定しなくても――と最初は思ったが、あまり最近の話だと他の著作を出している他所の出版社に迷惑がかかるから、ある程度時期が過ぎた古めの話を漫画化しているのかな、と深読みしてみたり。でもそれならやっぱり、『文藝百物語』で語った話とか、文章化されてからある程度経過した体験談も、機会があれば漫画化してほしいなぁ。
     でも、文庫版に収録されている体験談を中心に、ってことは、いずれあの「▲」の話も――?

全4件中 1 - 4件を表示

怪談徒然草 (HONKOWAコミックス)のその他の作品

加門七海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
加門 七海
有効な右矢印 無効な右矢印

怪談徒然草 (HONKOWAコミックス)はこんなマンガです

ツイートする