スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 4 (HONKOWAコミックス)

著者 : 伊藤三巳華
  • 朝日新聞出版 (2016年3月18日発売)
3.83
  • (4)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022758262

作品紹介

【芸術生活/コミック劇画】大人気霊感漫画家が神社仏閣に行くと何が視えるの? という視点でパワスポの真の姿に迫る大人気エッセイ第4弾! 屋久島"縄文杉"の特集を中心に、銭洗い弁財天で金運を上げるコツや能登半島で宇宙パワーを探してみたりと内容盛りだくさん!

スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 4 (HONKOWAコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 借りたもの。
    屋久島・縄文杉といった大自然から、雨の宮古墳といった歴史ロマンあふれる場所まで。
    『スピ☆散歩』を拝読していると、パワースポットの力の多様性に驚く。
    自然の“気”が通る場所であったり、樹そのものが生態系を把握しており「命を育む」事を理解し支えていたり、高名な僧侶の念力?術が現在も機能していたりと、興味深いものばかり。
    神々はお金が貯めるもの、それ自体に価値があるものではなく、あくまで代替品で、循環するものであると理解していた。
    このエッセイコミックを通して、時には人間の尺度では理解できない俯瞰した価値観に遭遇したり、沢山の気づきがある。

    十和田神社では東北の巨人伝説・八郎太郎が湖の青龍神の力を利用して繁栄を図った一族の“力”という物語を霊視していて、民俗学的にも興味深い話題だった。

  • 銭新井弁天とか十何年以上行ってない気がする
    たまには鎌倉行きたいな
    てか、体力あるうちに屋久島もいいなぁ

  • 大好きな『スピ☆散歩』の新刊!今回はゲストで寺尾玲子さんや加門七海さんも登場していて、より興味深かったです(いつも同行している散歩隊のメンバーもいいんだけど、霊感がある人が複数いると新しい発見があったりして面白い)。

    読んで行きたくなったのは、やっぱり銭洗い弁財天かなー。お金を洗いたい。←俗物
    屋久島の縄文杉にも行ってみたいけど、体力的に無理だと思う・・・。←根性なし

全3件中 1 - 3件を表示

スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 4 (HONKOWAコミックス)のその他の作品

伊藤三巳華の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有川 浩
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 4 (HONKOWAコミックス)はこんなマンガです

ツイートする