フェアリィフィールド 2 妖精触媒 (朝日ノベルズ)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022760050

作品紹介・あらすじ

戦闘用小型バイオロボット「フェアリィ」が実用化され、彼女らを指揮する競技が流行する近未来。5体のフェアリィと出会い、隊長役を押しつけられた高校生のタツキは、義妹とフェアリィたちとの共同生活に戸惑いながら絆を深めていた。そんなある日、超ハイレベルプレイヤーの美少女から誘われて、開発中の新技術の実験台になったタツキたちだったが…!?待望の第2弾!

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 武装○姫もどき。
    確かサイズがアンティークドールサイズなのかなな?こっちは。
    で、さらに小型化とか等身大のプロジェクトもあって、というところで少し生々しい話。でもありうる話。

    主人公とヒロインの立ち位置が特殊すぎて難しいものにしたなぁ、と。
    昨今、変なアニメとか出回ってるので多少なりとも影響受けたかね。

    ああ、エピローグのアレは蛇足の気もするが、一番笑えたのはそこだった。

全1件中 1 - 1件を表示

フェアリィフィールド 2 妖精触媒 (朝日ノベルズ)のその他の作品

榊一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

フェアリィフィールド 2 妖精触媒 (朝日ノベルズ)はこんな本です

ツイートする