絶海戦線3 真珠湾の雷鳴 (朝日ノベルズ)

著者 :
制作 : 高荷義之 
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022760180

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】2度の大海戦を辛くも凌ぎ、米空母の猛攻をかいくぐる決死の輸送を完遂した日本軍だったが、もはや攻勢維持は限界を迎えていた。ここに至り、山本五十六GF長官は戦局を覆す乾坤一擲の作戦に踏み切る──! 日米海軍、決戦の地へ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  元々それほど長く続く作品ではないとはいえちょっと駆け足な終わり方だった。たしかに真珠湾での戦いを細かく描写する必要は無いが、何も描写しないのではエピローグで語られた幾つかの出来事に唐突感しかない。また、海戦自体も手抜きとまではいかないものの中途半端な印象を受けた。主砲の命中率が良すぎるのはともかくとして、いつの間にか雷撃が敢行され、しかも当たっていた、というのは流石に都合が良すぎる。肉薄雷撃で全弾命中のほうがよっぽど説得力がある。過去作品のリメイク的なものということで違いを出そうとしたのは分かるのだが、却ってそれが仇になってしまったように思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1958年生まれ。長野県出身。東京工業大学卒。本田技術研究所勤務の傍ら『鋼鉄のレヴァイアサン』で作家活動を開始。著書に『八八艦隊物語』『修羅の波濤』『修羅の戦野』『砂塵燃ゆ』『蒼海の尖兵』『海鳴り果つるとき』『ビッグY』『零の守護者』『戦艦「大和」最後の光芒』『擾乱の海』『南海蒼空戦記』などシリーズ多数がある。

「2018年 『不屈の海2 グアム沖空母決戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

絶海戦線3 真珠湾の雷鳴 (朝日ノベルズ)のその他の作品

絶海戦線 3 真珠湾の雷鳴 (朝日ノベルズ) オンデマンド (ペーパーバック) 絶海戦線 3 真珠湾の雷鳴 (朝日ノベルズ) 横山信義

横山信義の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

絶海戦線3 真珠湾の雷鳴 (朝日ノベルズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする