キマイラ11 明王変 (朝日ノベルズ)

著者 : 夢枕獏
  • 朝日新聞出版 (2015年11月20日発売)
3.40
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022760203

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】大鳳と久鬼のキマイラ化を抑えるべく奔走する雲斎は、亜室健之から聞いた恐るべき秘密を三蔵に語り始める。一方、拉致された深雪を助けるべく単身戦いを挑んだ菊地は、謎の少年と対峙する。筆者渾身の「大河伝奇小説」シリーズ最新刊!

キマイラ11 明王変 (朝日ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ようやくここまで来たかという感じ。
    鬼骨、アグニチャクラの起源、始まりがようやく語られました。
    ここからどう終焉に向かうのか。
    是非とも完結を読みたいものである。

  • ようやくキマイラの謎が明らかに・・・。ここまでくるのに長かったですね。ただ、なんとなく「いつものメンバー」がでてきた感も。

  • この巻いるの?

  • 2015 1 12

  • 【74/10000】
    夢枕獏 著
    「キマイラ明王変」
    ソノラマノベルス

    老子やシッダールタなど、歴史上の人物が出てくるが、読み手を惹きつける力は、失われていない。
    大鳳や九鬼、巫炎のキマイラよりも、面白いかも知れない。

    次はいよいよ、「キマイラ曼荼羅変」。
    終りが近づいてきた。

  • 2015/12/22購入
    2015/12/26読了

  • ようやく物語が現代に戻ってきたと思ったら、またしても、物語は古代中国やインドに飛びました。
    これもキマイラの謎に迫るためと割り切りましたが、九十九と対面した雲斎が、この件から手を引けと言い出したのは納得できませんでした。
    これだけ深入りしてしまったのに、いくら雲斎の優しさからの言葉とはいえ、そりゃないよと思いました。

全7件中 1 - 7件を表示

キマイラ11 明王変 (朝日ノベルズ)のその他の作品

夢枕獏の作品

キマイラ11 明王変 (朝日ノベルズ)はこんな本です

ツイートする