世界自然遺産やんばる 希少生物の宝庫・沖縄島北部 (朝日新書)

  • 朝日新聞出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)

作品紹介・あらすじ

沖縄本島中北部にあたるやんばるは、世界的にも珍しい湿潤な亜熱帯雨林だ。世界自然遺産に登録されることが濃厚とされている。やんばる写真の第一人者である写真家と、生物の進化理論を一般に説く手腕で名高い生物学者がタッグを組み、ユニークな生物を紹介。

著者プロフィール

昆虫・動物写真家。
1959年、東京都生まれ。沖縄県在住。昆虫・動物写真家。中学生のときに、栗林慧氏の写真に衝撃を受け、昆虫写真家を志す。1978年、琉球大学(昆虫学専攻)入学を機に沖縄に渡る。1985年同大学院修士課程(昆虫生態学専攻)修了。同大学資料館勤務を経て、1994年よりフリーランス。日本自然科学写真協会副会長。やんばるを中心に、琉球列島の野生生物・自然環境を撮影し、情報を発信し続けている。
著書に、『沖縄やんばるフィールド図鑑』(実業之日本社)、『亜熱帯林にかくれるコノハチョウ』(偕成社)、『山原の自然ー亜熱帯の森』(平凡社)ほか、多数。

「2018年 『やんばるの森 世界が注目する南の島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

湊和雄の作品

世界自然遺産やんばる 希少生物の宝庫・沖縄島北部 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×