大阪から日本は変わる (朝日新書)

  • 朝日新聞出版
3.82
  • (5)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022950918

作品紹介・あらすじ

停滞と衰退の象徴だった大阪はなぜ蘇ったか。景気や経済指標の大幅改善、幼稚園から高校までの教育無償化、地下鉄民営化などの改革はいかに実現したか。「大阪モデル」をはじめ、新型コロナで国に先行して実効性ある施策を打てた理由は。10年余の改革を総括する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とても、読みやすい。知らない事も沢山書かれていて勉強になったな。でも、他の方も仰っているけど、バキバキに維新寄りの内容で、俯瞰性に欠けていた。都構想のデメリットや、橋下政権の負の遺産などにもフォーカスを当てると、全体的な納得感は増したのかなと。

  • 非常に読みやすくてよかった。
    ・大阪都構想の概要が掴めた
    ・国と地方の関係が、今の仕事の企画と営業の関係に近くて勉強になった。
    ・大阪が最近街も綺麗になったし変わったなと思っていたが・具体的に何が変わってその背景に何があったのか理解できた
    ・pjtにおいて専門家がいることの重要性など、細かいが仕事をする上での示唆が多く、さらに読みやすいのでサラッと、重要な示唆を得られるという意味でコスパがよい。

  • 経営コンサルタントで、大阪府、大阪市特別顧問をされた経験のある上山信一さんによって書かれた本。

    第三者側ではなく、吉村さんや松井さんにヒヤリングを行って執筆されているので、都構想のメリットしか書かれておらず、デメリットも見てみたかったのが正直な感想。
    既得権益による中間搾取をなくすのが、都構想で維新の会の狙い。民間企業が参入することにより、競争を生み出し、内部留保されていたお金を府民、市民に還元していく。関空民営化で観光客も増えたし、天王寺公園、大阪城公園、地下鉄の民営化により、住みやすい大阪の街に変化したと思う。大阪から日本を変えていってほしい。

  • 今度の住民投票の前に投票権のある方には是非読んでほしい。もちろん維新目線の本ではあるので反対思考の本も機会があれば読んでみたいと思う。

  • 吉村市長の経歴を知りました。

    弁護士だったんですね。

    11月1日の投票結果は注目です。

  • 住民投票の実施も決まり、大阪都構想についてちゃんと知っておきたいと購読。正直、前回は雰囲気で投票してしまった。。大阪の歴史、12年の維新改革やコロナ禍の対応から、大阪都構想がなぜ必要なのかを訴えている。

    3名の共著で、本としては誰が話をしているのかが分かりづらいが、これを読む限りは、元の大阪に戻ってほしくないなーと思える。確かに、市営地下鉄とか大阪城公園とかきれいになったもんね。
    都構想で疑問だったのが、それを言うならどこの道府県も一緒なんじゃないの?ということだが、なまじ大阪市が大きすぎるのが二重行政の原因だったのだ。

    当然、都構想推進側の本なので、反対の立場の主張もよく聞いてみねばならない。

全9件中 1 - 9件を表示

吉村洋文の作品

ツイートする
×