ルポ トラックドライバー (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.60
  • (3)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 92
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022951014

作品紹介・あらすじ

宅配便の多くは送料無料で速く確実に届く。だが、コロナ禍でネット通販は大膨張し、荷物を運ぶトラックドライバーの労働実態は極めて過酷になっている。物流ジャーナリストの著者が運転手に同乗取材し、知られざる現場を克明に描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新書かつルポという形態上、ことさら悲嘆的な内容が連なっているかと思ったら、とても丁寧な語り口に驚いた。
    どれだけの人が読むかわからないけれど、この本をきっかけに、ドライバーになろうとする人が出てくるかもしれないなぁ、と。

  • エッセンシャルワーカーの中でも、トラックドライバーは、見えにくい。そうか、一時は儲かる職業だったんだよね。

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/749131

  • 後半トラック無関係な話多いの残念だけど概ね良い

  • 物流危機は1990年の規制緩和が全ての始まり。後先考えずにとにかく規制緩和すれば良いという単純な発想が深刻な未来を生み出しました。我々もきちんとした対価を支払うことを躊躇ってはいけない。

  • 実は、トラックドライバーには昔から憧れがありまして、その実態を知るのにちょうどよいかも、と思い、読んでみました。

    トラックドライバーとして思い浮かべていたのは、長距離輸送(大型トラック)のトラックドライバーだったのですが、実際には、いわゆる宅配便における近距離(中小型トラック)のトラックドライバーもいるわけで、これら全般について触れられた本、となっています。

    かつてはそれなりの収入(年収1000万円以上)を得られたトラックドライバーも、今の平均年収はその半分程度。
    また、労働時間は昔から長く、それは現在、少しずつ改善されつつあるものの、相変わらず長時間労働。

    そういったトラックドライバーの状況に触れつつ、日本の物流事情についても、トラックドライバーの視点から丁寧に触れられています。
    コロナ禍における状況にも触れられています。

    読み進めるほどに、トラックドライバーが置かれた状況の厳しさを知ることになりましたが、だからといって、自分の憧れが減じることはありませんでした。
    むしろ、トラックドライバーの存在のありがたさを、改めて感じた1冊となりました。

  • 東2法経図・6F開架:685.6A/Ka67t//K

  • 軽トラ、長距離、アマゾン、コンテナといったトラックに同乗して聞いた生の声、今後の展望や業界の取り組みなどを解説。

    あれもこれも取り上げたせいか、あちこちの連載を集めたせいか、内容が薄かった。
    長時間労働やコロナの影響、置き配や宅配ポストなど、素人でも想像できる苦労や施策が紹介されただけなのは残念。

    生々しい声や、問題への処方箋といったもっと深堀した内容を読みたかった。

全10件中 1 - 10件を表示

刈屋大輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
アンデシュ・ハン...
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印

ルポ トラックドライバー (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×