【新版】財務3表一体理解法 [発展編] (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.13
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022951137

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計80万部突破、会計学習の定番教科書に「発展編」が新登場! 「一体理解法」「図解分析法」の旧版から応用テーマを集めて再編成。会計ドリルを使った新会計基準の仕組み解説や「純資産の部」の徹底解明など、「一歩上」を目指すビジネスパーソンに最適!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • BSで1番わかりにくい純資産の部について詳しく解説している良書。
    IFRSについても要点だけ触れられており本当に勉強になる。

  • 基礎編→図解法→発展編と読み進めたことで会計の流れ•着眼点が一通り理解できた。日商簿記の範囲で意味もわからず暗記していた部分も今なら理屈がわかって頭にしっかり入る気がする。また基礎編から読み直して理解をモノにしたい。

  • 純資産の部の説明が多く今まで知識が不足していた箇所を補うことが出来たと思う。
    引き続き同じ著者の違う本で勉強を進めたい。

  • 「財務3表一体理解法」の下巻に位置付けられる、当書籍は、一度読んだだけでは記憶しきれないが確実に「理解はできる」ように書かれています!

    簿記の学習で難しいと感じる壁に当たった方などにも、辞書的な使い方として理解の一助になってくれると思います!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1961年、岡山県生まれ。東北大学工学部卒業。神戸製鋼所勤務を経て、96年、クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBAを取得。2001年、ボナ・ヴィータ・コーポレーションを設立。

「2020年 『渋沢栄一とドラッカー 未来創造の方法論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

國貞克則の作品

ツイートする
×