パンデミック以後――米中激突と日本の最終選択 (朝日新書)

  • 朝日新聞出版
3.43
  • (2)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 104
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022951151

作品紹介・あらすじ

新型コロナは国家の衝突と教育階層の分断を決定的なものにした。社会格差と宗教対立も深刻で、トランプ退場後もグローバルな地殻変動は続く。この近代最大の危機とどう向き合えばよいか。世界と人類の大転換を現代最高の知性が読み解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フランス人の歴史家であり、文化人類学者、人口学者であるエマニュエル・トッド氏のインタビュー記事を本にまとめて出版された本。インタビューは、2018-2021にかけておこなわれ、以下の六つのテーマが収録されている。

    1.トランプ政権が意味したこと
    2.新型コロナ禍の国家と社会
    3.新型コロナは「戦争」ではなく「失敗」
    4.不自由な自由貿易
    5.冷戦終結30年
    6.家族制度と移民

    インタビュー形式の本だとNHK出版の本が出来が良かった印象があるが、この本は、ただエマニュエル・トッド氏へのインタビューを一冊にまとめただけとも取れる。
    フランス人の著作は何冊か読んだが、視点が哲学的で大国や歴史に迎合せずシニカルな雰囲気があって嫌いじゃないんだけど、この本は全体を通すと、ちと読みにくかった。

    トランプについて語っている所では、人口などのデータからの分析は、後になってみればたしかにそうだなとなる部分を差し置いても、リアルに今起きている事象を当てはめて考える力を少しつける事が出来るのかもしれない。
    日本に対しては、人口問題について、日本人が古くから認識しているのに、何もできていないまま時間が過ぎていると指摘をしている。他国との比較も交えて、先進国で出生率が増えているアメリカとか、何が起きているのか不明と言っているところなんて、新しい研究テーマなんだろうなと。政府やメディアが何かをする事で、変化が起きてるわけじゃない何かがありそう。

    この本の想定読者は、四十代後半以上のおじさんです。それ以外の人は読んでも面白くありません。

  • 自由主義と保護主義、そう見るのか。。。

  • 悪と最悪の間にいる。
    1番響いた一言です。

  • 4.5

  • グローバル経済の拡大による一部の富裕層とそれ以外の分断、いきすぎたグローバル経済が国民の分断を加速させる。国という共同体意識、ものづくり経済が奪われていく事への対する警鐘を鳴らし続けてきたトッドの言葉。以下、考えるべきポイントと感想。

    ・「日本の人口動態は危機的状況にある。人口減少、高齢者層の増加、少子化、日本政府は危機感を抱きながら後手後手に回り続けてきた。」
    ⇒同感。一番サポートすべき子育て共働き世代=国の生産性を維持して、且つ次世代への投資をしてる人たちをこの国はどう扱っているか?日本人として真剣に向き合うべき問題だ。このままだと老人とともに落日していく国だ。

    ・「自由貿易とは世界の富裕層が一つになった安い人々から労働力を搾取する事である」⇒同感。上位10%が株式の80%を保有している。日経の株高を享受したのは外国人投資家をはじめとするグローバル資本だ。上がらない給与、上がる株価。この歪な構造への大きな疑問符が投げかけられている。

    ・「能動的な連帯」⇒日本をどこにもっていきたいか、国民から発せられるムーブメントの欠如。日本はまるで成熟しきった大企業だ。変わらない事が一番気持ちいい、楽だ、ここに安住してしまっている。あとは沈んでいくのみだ。違う、国をどうしたいか、能動的な連帯化をもつべきだ。人口動態にどう手をうつか。地に足着いたものづくり経済をどう維持し成長させていくか、世界と伍して闘う組織に人も国も変わらなくちゃいけない。じゃあ、どうしたらよいのか。それを国民一人一人が考えて行動にうつして大きな渦を巻き起こしていく必要がある。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1951年フランス生まれ。歴史人口学者。パリ政治学院修了、ケンブリッジ大学歴史学博士。現在はフランス国立人口統計学研究所(INED)所属。家族制度や識字率、出生率などにもとづき、現代政治や国際社会を独自の視点から分析する。おもな著書に、『帝国以後』『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』などがある。

「2020年 『エマニュエル・トッドの思考地図』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エマニュエル・トッドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×