損保の闇 生保の裏――ドキュメント保険業界 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.93
  • (6)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 116
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022952677

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 非常によく調べて、従来ありがちなひたすら正義を振りかざした声高の糾弾型のものとは異なり、事実を積み重ねた冷静な筆致となっている。それ故に、保険業界関係者には耳が痛いところが多いに違いない。
    特に損保ジャパン(SJ)の社内事情に関しては、おそらくはかなりの内部協力者からの情報を得て書いたと思われる部分が多くある。
    しかし、株式持ち合いといい、取引先の販売協力といい、保険業界に限った話ではなくて、どこの企業でもある持ちつ持たれつの関係、個人のご近所付き合いの延長線みたいな日本的風土がもたらしたところでもあるような気がする。
    こうした、もともと農作業に由来するとも思える「ムラ社会」での関係性でビジネスをやっていくことから本当に脱皮できるのか、さしあたり政策保有株を全廃するとは言っているが、緩やかとはいえ旧財閥まがいの企業グループを形成している大手損保は、グループ・トップの銀行株をすべて手放すことができるのか、ちょっと見ものである。

    なおこの本では損保メインで書かれていて、生保はわずか50頁少々しか割かれていない。
    しかも、巨大な資産を抱える生保業界が国債のみならず米国債の消化について、旧大蔵省から財務省の現在に至るまで、多大な「協力」をして、まさに持ちつ持たれつの関係であることは一切触れられていない。
    そこが節税商品という名の脱税商品を監督当局が商品認可をしてきた根本のところにあるのだが。

    新書の紙数の限界もあるのだろうから、第二作を期待する。

  • ほとんどがビッグモーターに関する内容で、生保は最後の2割程度。SJもどうかなと思っていたが、BMのやり口は完全にヤクザのそれで怖っト思ってしまう。生損保にかかわらずとも、読み物としておもしろい内容でおすすめ。

  • 第1章 ビッグモーターの告発者/第2章 損保ジャパンの過ち/第3章 SOMPOHDの転落/第4章 企業文化/第5章 損保業界の膿/第6章 金融庁と生命保険業界/第7章 「生保レディ」/第8章 保険本来のあり方とは

  • 一連のビッグモーター事件、損保ジャパンの転落、それらの背景にある企業文化と業界慣行について、事実と関係者ヒアリングに基づき、丁寧に書かれてあり、業界関係者のみならず日本企業に勤めるものにあっては必読の書とおもいました。
    近々で事件になっていたカルテルの話も取り上げられていましたが、長年、相手方企業からは本業支援を強く求められ、その中で利益も出していかざるをえず、お互い様というところもあると思いました。
    一方、日本の損保業界は利益率が欧米と比べても悪いと新聞にも書かれてありましたが、例えば、自社の営業がいて、代理店がいて、その先に顧客があるといった何重もの構造や、保険そのものの機能ではなく政策保有株など、何らかのしがらみでがんじがらめになっているような気がしました。
    近年、保険業界に限らず、今の会社は従来の枠組みを維持しながらも、収益も、コンプライアンスもすべてパーフェクトにこなすのは大変だと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

柴田秀並の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×