ベルばらKids

著者 :
  • 朝日新聞社
3.60
  • (14)
  • (15)
  • (37)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 142
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023303768

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2頭身になったかわいいオスカルたちの
    4コママンガとコラムがうれしいベルばらKids。

    ベルばら裏話的な話やいろんな豆知識なんかも
    あったりで楽しい!
    現代でこそ生きるキャラ、ルイ16世も
    いい味のかわいさ満点♡

    2006年に行った「栄光の大ナポレオン展」の
    お話もあったりで懐かしくなって図録を
    引っ張り出してきたり、楽しみがどんどん広がる
    ベルばらの世界♡好きな話に懐かしい話がいっぱいで
    あれもこれもとますます再読したい本も山積みに♡

  • 読書期間:2010年8月31日

    原作を読んだ事がないのに、自分家の新聞が朝日新聞で、
    毎週beを読んでいてずっと気になっていた本です。
    購入に躊躇っていたのですが、職場にあったので速攻で借りました。

    マリーが4冊通して可愛いです!
    ルイ16世の設定に思わず笑ってしまいましたが、この2人がいると心が和みます。
    女帝が娘を心配し過ぎて体重が増えたとか、微笑みが絶えませんでした。

  • 意外と面白くなかった…まさか池田理代子が、という意外性の面白さはあったけれど、やっぱり本編の面白さにはかなわず。すっごくベルばらのファン、というなら面白いのかも。

  • 【持】

  • 図書館に1巻だけあったので…全部読みたいやんけ!
    まとめて文庫化とかしないかしら。

  • 名作を本人がパロ。一定の自主規制と、一定のユーモアがよいバランス。

  • 池田理代子先生自らによるパロ4コマ。

  • おなじみの登場人物が3頭身で4コマまんがに。
    みんな小さくなっちゃって、ギャグや今の世相ももりこまれてる。
    ベルばらのストーリーの裏話とか、時代背景などの文章もあって楽しんだ。子供の頃、怖く悲しい物語だと思いながらも引き込まれて読んでいたベルばらが明るく、おもしろい読物に。ベルばらを再読したくなった。ベルばらKids3まで一気読み。(M)

  • かわいいですわ!!
    かわいすぎますわ!!
    そして面白いですわ〜!!!

  • ベルばらの最終巻を読んだ後、
    すごく悲しくて、虚無感!脱力感!悲壮感!?
    にあふれました。

    けど短編が入っていて、
    まだオスカルやアンドレ、など皆が生きてた時代の
    ちょこっとエピソードみたいなものに
    すごく救われました。

    けどこのベルばらキッズでは、
    アンドレが脳トレとかしてるわけ!!!!!!!!!!!

    救われるなんてものじゃなく、
    本当にうれしくなります。
    4コマ自体は面白いとかはべつにないです。
    そんなことよりキャラクターとして生きつづける姿にかんげきしてしまうのです。

全23件中 1 - 10件を表示

ベルばらKidsのその他の作品

ベルばらKids 1 Kindle版 ベルばらKids 1 池田理代子

池田理代子の作品

ツイートする